ホーム>OWNERS DIARY

OWNERS DIARY

サスペンションOH

20191013234533.jpgホンダ CB1300SF SC40

ホンダCBが続きますがw

ブログの更新ですw

定期的にサスペンションのメンテナンスへお持ちになられるCBのお客様

いつも大変にありがとうございます

今回は、車体姿勢をセッティングしなおすため計測作業も行いました

 

20191014008.jpgカートリッジ内部のバルブやシムも点検&清掃

シムを入れ換えてセットの見直しも!

消耗パーツ類を交換しフロントフォークオーバーホールの完成です

 

201910140442.jpgオーリンズ ツインショック(LegendTwin)

リアショックのオーバーホール作業です

それと、ショック長を変更するため内部のスペーサーを取除きました

スイングアームがSC40の物でないので、ショック取り付け位置が異なり

ショック本体の長さを延長し帳尻をあわすw

もう、これ以上伸びませんよw

 

2019101402354.jpg

完成

車体姿勢もバッチリですw

皆様、サスペンションのメンテナンスは2年毎ごとに(ストリート)

サーキットを走られる方は1年毎ごとをお勧めします!

ブログランキングへ参加中です

 

CBをローダウン

2019102234428.jpgホンダ CB1300SB ナイトロン ツインショック

注文していたNITRON R3タイプのショックが届きました

車体のジオメトリーを変更するため!?

ノーマルショックより短い寸法で製作してもらっています

元は、ノーマルショックに社外のローダウンリンクが着いていました

お客様とお話して、乗り心地や曲がることを考慮した車体姿勢

何より、安全で乗って楽しいオートバイにカスタムしますw

 

20191030725.jpgフロントサスペンション チューニング

フロントもローダウンさせますので!当然ながら強化するのですが

CBのカートリッジダンパーはオイルロックを起こしやすいバルブ形状

あまり、しなやかなサスペンションの動きとはいえませんw

フロントが沈む時、突き上げるようなゴツゴツ感がでやすい

なので、ストロークを有効的にしなやかに使えるようチューニングします

 

201910301715.jpgGMDのカシマバルブへ変更しバルビングを

尖った仕様変更というよりは、ギャップやアンジュレーションに対し

路面に吸い付くように、しっとりと動くサスペンションへチューニングです

 

201910302759.jpg大切なのは

お客様がオートバイをどのように走らせたいと希望しているか!?

また車高を下げた結果

ノーマルの車体姿勢の時のような軽快なハンドリングが損なわれたりw

扱いきれないようなオーバースペックな仕様にならないよう

色々お聞きした上で、車体姿勢を含めたチューニング&カスタムを行います

オンリーワンジオメトリーを目指して!!

それではまた

ブログランキングへ参加中です

 

耳栓のお話

2019926191817.jpg先日、補聴器を取り扱うお仕事をするお客様と話をしていたら・・・・・

自分の耳穴の型を取りw

耳栓を作って頂く事になりましたw

作るきっかけは

仕事終わりに事務仕事をしている時や、バイクに乗った後に

『耳鳴りがする』ことが話題になり

ゆくゆくは難聴になる事を教えてくれたのですが!?

難聴になるのは、一般的に加齢によるものだとばかり思っていた

ストレスや様々な病気によるものもあるとは思っていたけど

やっぱり、大きい音を聞き続ければ弊害も当然ながらでてくる

オヤジになるにつれ、耳鳴りが気になりだした理由が此処にあった訳ですw

 

2019926194445.jpg

出来上がった耳栓(ハードタイプ)MOTOTRUEのロゴ入りw

 

2019926194650.jpg出来上がった耳栓(ソフトタイプ)

当然、自分の耳型から作っていただいたのでフィット感は抜群

実際にバイクに乗って試してみました!?

今まで聞こえていたロードノイズや風きり音とエンジンからのメカノイズが減少

殆んど聞こえなくなった風きり音もあります

作って頂く時に、遮断したい音の調整をしていてくれています

音のボリュームは落ちても聞き逃したくない音はちゃんと聞こえるので

安心して運転に集中でき疲労感も減少w

なので、早く作っておけばと思いましたw

オートバイの事を良くわかっている方が作った耳栓だからこそですよね!

こんかい、城北補聴器さんにお世話になりました。是非クリックしてみてください!

それではまた

ブログランキングへ参加中です

GMD計測

201993232046.jpgホンダ CB1300SF SC40

車体計測の仕事です!

ジオメトリーチューニング済みのCBですが

スイングアームをSC54モデルの物に変更したため(ショック取り付け位が変わる)

再計測のご依頼いただきました(前後サスペンションのオーバーホール含む)

ありがとうございます!

 

201993233151.jpg

つづいて

ホンダ CB1300SB SC54

ジオメトリーチューニングのご依頼をいただきました

ありがとございます!

車体計測の結果を診つつ・・・・

ご依頼内容にそったメニューを見積もっていきますw

車高を下げつつも、曲がる性能は落とさないようにチューニング

此処で大切なのは、車高を上げても下げてもw

それを受け止める、サスペンションがしっかりとしているかが大事なポイント

お客様へ計測の結果を基に、実際の作業内容を打ち合わせしいきます

立て続けですが、2台のCB1300を弄っていきます

ブログランキングへ参加中です

 

フロントブレーキ強化

2019827234424.jpgサンスター プレミアムレーシング 

カワサキ ZX-10Rのブレーキローター交換作業

ローター以外にもキャリパーとマスターのオーバーホールも行っていきます

 

2019827235336.jpgそれぞれのシール類やカップ類のゴム系パーツを交換

安全に走る上で最も大切なブレーキですが!?

正直、劣化しやすい部品だと思います

それだけ過酷で使用頻度も高いので当たり前w

 

20198280129.jpg完成です

つづいて・・・・・・もう一台w

20198280440.jpgサンスター レーシングブレーキパッド

サーキット9割のホンダ CBR600RRへ取り付けます

 

20198280712.jpg

パッドのお値段は、1セットでノーマルパッド2個分ぐらいかなw

そして・・・

お客様から、使用した感想を聞くと

『握った分だけ何処までも効いてくれる』との事でしたw

大満足だそうです!

どんなシチュエーションでも、きちんと仕事を要求されるのがブレーキ

そして、今どきはABS制御付きも当たり前ですから

効き味!?

フィーリングも、とても求められてしまいますw

リプレイスが多く存在するパーツでもあり

組み合わせでフィーリングも異なります・・・・迷いますねw

ただ、お金をかけておいて間違いないことだけは事実

組み合わせに迷ったらご相談下さいw

ブログランキングへ参加中です

 

フォークオイル漏れ

2019814174012.jpgカワサキ D-TRACKER125

お盆休み中の方が多い中、大型の台風がやってきていますね・・・・

皆様、お気をつけてお過ごし下さい!

Dトラのフロントフォークのオーバーホール作業ですが・・・・

バケットに溜まったフォークオイルw

これ以上無いほど真っ黒で汚れていますw

 

201981418150.jpg

インナーチューブの面だし作業

縦傷と言いますか!?縦溝が酷いです

こりゃ~オイルダダ漏れしますわw

汚れたフォークオイル(メタルを多く含んだ)を使用していると

このフォークのように、深い傷を作ってしまうケースがあります

皆様も、気を付けて周期的なメンテナンスを行ってください

 

201981418527.jpgダンパー機能は、片側のみ

もう一方は、スプリングが入っています(非分解式)

 

2019814181422.jpg

フロント組立

毎日、数十キロ走るお客様の通勤マシーン

実は、このDトラックはとても働き者ですw

125ccのエンジンと小柄な車体!?もう、十分に元取ったような気がしますが

まだまだ頑張るようですw

ブログランキングへ参加中です

 

ZX-7R

201981417287.jpgカワサキ ZX-7R

ジオメトリーチューニング(車体姿勢変更)車両

・フロント ダンパーチューニングオリジナル スプリング(レーシング)変更

・リア NITRON RACE PRO 46mm 変更 (特注)

・車体主要点 キャスター角の変更 ピポットハイト&ダウンスロープの変更など

リアまわり・2

2019811183930.jpgカワサキ ZX-7R

巷はお盆休みの中、ブログの更新と言うお仕事中のMOTO TRUEです

GMD車体計測をすることで、何気なく乗っていた自分のバイクのネガな部分を発見できちゃいますw

知りたくない情報もかも知れませんがw

安全に乗るために必要です!

このZX-7Rも診断してみてわかった事実の一つで、前後ホイールアライメントのズレでした

皆さんが乗られているバイクの殆んどは、許容範囲内におさまっているのですが

中には、このバイクのように許容を超えた物も結構あります

なので、許容範囲内へアライメント修正を行っていきます

写真は、リアホイールのディスクローター取り付け部を外注業者にて深く削ってもらった写真です

 

20198111962.jpg

フロントホイールのセンターへリアホイールを寄せて行く作業

計測したデーターを基にリアホイールを右に移動させていきます

その為の、カラーやスペーサーなどを作製しました

 

2019811191236.jpg

色々なパーツを組み合わせて組立完了です

これで安心して左右同じようにヒラヒラ曲がるようになりますよ

皆さん無事故でお盆休みをお過ごし下さい!

それではまた

ブログランキングへ参加中です

 

リアまわり・1

201981118529.jpgカワサキ ZX-7R 

リアショック交換作業です

特注にて依頼していたナイトロン リアショック(RACE PRO Series)が出来上がってきました

 

2019811181149.jpgショック取り付け前に、リンク類もしっかり清掃しグリスアップします

 

2019811181416.jpg取り付け完了です

古くなってしまったノーマルのリアショックをオーバーホールしていくのもよいですが!?

思い切ってハイパフォーマンスのリプレイス品へ手を出すのも、ライダーの充実感をぐっと高めてくれるのでアリ!

ですよねw

仕事上ジオメトリーの変更をする上で、車高調整出来るリプレイス品が私のお店では重宝しています

ブログランキングへ参加中です

フロントフォーク組立

20197802633.jpgカワサキ ZX-7R

フロントフォークの組立作業です

錆がでていたインナーチューブを取り外し

再メッキ加工へ送っていましたが・・・・

 

2019780328.jpg再メッキから戻ってきたインナーチューブと某メーカーのレーシングスプリング

前回の更新から時間が経ちすぎてw

つづきになっていませんが!

役者が揃ったところで作業を進めますw

アンダーブラケットから取り外されたインナーチューブを組み付けたら

分解していたインナーカートリッジを組み立てる作業へ

 

2019780408.jpg

GMD COMPバルブ

ノーマルバルブは針の穴程度しか開いていないのに対し

GMDのバルブは、オイルロックを起こさないように製作されています

なので、路面のギャップに対しての突き上げを減らし

路面のアンジュレーションへの追従性が高まります

そして、リバルビングすることにより

腰砕けすることの無い、サスペンションストロークを生み出します

 

20197805931.jpgステムベアリングも交換

フロント周りが完成です

スプリングのレートも変更しダンパーのチューニングもおこなったフロントフォーク

一番の目的は、尖った仕様ではなく幅広い使用用途に対応できるサスw

でも、セッティングを変更すればレーシングの尖った走りも出来ちゃう!

とっても贅沢なフロントフォークになりました!次はリア編ですw

それではまた

ブログランキングへ参加中です

 

ページ上部へ