ホーム>OWNERS DIARY>GALLERY>NSR250R-SP MC28 フロントサスペンション
GALLERY

NSR250R-SP MC28 フロントサスペンション

2013729195256.jpgNSRフロント

ホンダ NSR250R-SP フロントサスペンションのオーバーホール作業

車両の購入から初めてのオーバーホールですから、中身は相当消耗していました!

最終型SP仕様の正立フロントフォークは、減衰調整がダイヤル式で簡単にセッティング変更が可能

中身の構造もこの年式の物にしてはとてもしっかりした物になっています。

 

2013729201615.jpgNSRピストンF

 

写真にある物が減衰のTEN側とCOMP側のピストン&シムで点検清掃後に組み上げた状態です

カートリッジ内のピストンまで完全に分解しシム一つ一つを点検清掃して当社ではオーバーホール作業と

位置づけお客様よりのご依頼にお答えしています。

このタイプのピストン径は大人の親指ほどの太さしかありません

小さなピストンに更に小さな穴が開きシムを重ねた部分にオイルが流れフロントフォークの上下運動に減衰効果を生み出しています。

繊細でシビアな部分を完全にオーバーホールする事により乗り手の安全とライダーの求める走りに応える!

単純にフォークシール交換やオイル交換ではオーバーホールとは言えないと思っています。

 

201372921625.jpgSKFシール

組み上げるパーツにも拘りを持って!

低フリクションで高い耐久力を持っているSKFのフォークシールを使い組み上げました

メーカー純正より多少値段が高いのでお客様に選んでいただいきます。

フォークオイルもNSRには拘ってNUTECスペシャルフルードを仕様!

スタンダードの良さを最大限引き出す仕様にこのNSRのフロントフォークを組み上げました。

 

ブログランキングに参加中です

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.mototrue.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/30

ページ上部へ