ホーム>OWNERS DIARY>NSF100 GMD車体計測
OWNERS DIARY

NSF100 GMD車体計測

20143713440.jpgNSF100ホンダ NSF100 GMD車体計測

ホンダのミニバイクレーサー NSF100です

基本、NSR50/80と変わらぬ車体構成です!お客様の預かり物だったNSF

お客様と共に久々に乗ってみたところ、なんだか動きが悪く曲がらない!こりゃ~変だと車体の計測をしてみる事に

結果、フロント0.3 リア0.4の歪みを発見

フロントに関していえば0.3と大きな歪みとまでは言えませんが!フロント側リア側の双方が捩れて傾きを生じる方向が問題です

このNSFで言えば、フロントは右へリアは左へ傾きリアを中心に見るとフロント0.7の歪みにつながり

ホイルベースが短く軽く小さな車体のNSFであっても、歪みから生じる車体の変化を感じます。

NSFのオーナーでもあるお客様は最初 『久しぶりに走ってまだ乗れていないのかなぁ!?』 と言っていましたが

そんな事はありませんよ!

今まで楽に走れたコーナーですらドタバタしているのがわかりましたからねぇ・・・・・・

それほど車体のバランスを崩し、転倒するごとに直していたはずのバイクは本当は直ってはいなかっただけです

人間の骨格に当たるフレームは見た目だけじゃなかなかわかりませんよねw

そんな時こそGMDの車体計測が力を発揮します!!

ブログランキングへ参加中です

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.mototrue.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/51

ページ上部へ