ホーム>OWNERS DIARY>2014年6月

2014年6月

XJR1200R

2014629192545.jpgXJR1ヤマハ XJR1200R

GMD車体計測後、フロントアライメントの修正作業とフロントフォークサスペンションのオーバーホールです

お客様から、車体が右へ傾いているように感じるとお預かりした車両です。

計測の結果、フロントホイルの傾きステムの歪みがNGと!

フロントをごっそり取り外し作業へ

 


2014629202017.jpgXJ1

フロントフォーク サスペンション オーバーホール

オイル漏れを起こしてました

原因はインナーチューブの点錆びとメンテナンス不足だと思います・・・・・・年式の古い中古車では仕方ありませんね

見た目だけでは判断付きませんw

錆びが酷いので新品のインナーチューブへ交換したいところです・・・・・・・・

 


2014629202146.jpgXJ2

フロント アライメント 修正

ステムとサスペンションとホイルの組み方が重要です!適当だとさらに歪みも大きくなってしまいます!

中古車の恐ろしいところでもありますし・・・・・・・信頼できるバイク屋さんを見つける事が大切です。

 


2014629202226.jpgXJ3

フロントアライメント修正・組み立て完了です

このあと、試乗して車体の動きをチェックしてお客様へご連絡を・・・・・・・

前後のサスセッティングを少々変更し疲れた車体がシャキッと!!元気を取り戻した感じです。

ブログランキングへ参加中です

POWER-UP Program

2014625155938.jpgパワー1NUTEC パワーアッププログラム

走行30,000Km位を目処に吸気(スロットル)・バルブ・燃焼室へのカーボン除去が出来ればエンジンが蘇る

それくらい、カーボンの蓄積によるエンジンの性能低下もこの走行距離位から顕著に感じられます。

エンジンをバラス事無くNUTECによるケミカルオーバーホールKITなる物がこれです

 

 

2014625161217.jpgパワー2施工事例 スズキ GSX-R750 K8

まずガソリンタンクへNC-220添加剤(タンク・フューエル系のクリーナー)を投入

そして、NC-120を各スロットルバルブへ注入!!※換気しないと大変な事に・・・・・気を付けようw

 

 

2014625162838.jpgパワー3施工事例 カワサキ ゼファー750 C5

エンジンを止めプラグホールからNC-900を各気筒の燃焼室へ注入(非売品)

しばし時間をおいて蓄積したカーボンを柔らかく浮かして行きます

 

 

2014625163355.jpgパワー4時間をおいた後、各燃焼室に溜まっているNC-900の溶剤を抜き取ります

写真はGSX-R750の溶剤を抜き取った物で溶けでたカーボンでいっぱいですw

点火プラグを取り付けエンジン始動!!

この時も※換気しないと大変な事になりますw

スロットルを煽りながら溶剤とカーボンを飛ばしていきますよ

煙が出なくなったらお次は、もう一度プラグを外し

 

 

2014625164425.jpgパワー5施工事例 カワサキ ZX-7RR

NC-202 Comp BOOST (圧縮圧力回復剤)を各燃焼室へ注入します

綺麗になった金属面をNC-202でコーティングするのですが排気量に応じて適量を注入しないといけません

注入後エンジンを始動させて煙がなくなるまで待つ(低回転)※今までの流れの中で一番換気が必要w

点火プラグとオイルを新たに交換後

慣らし運転50Kmほどします・・・・・・・そして施工完了!!

カーボンの蓄積によるノッキングや圧縮圧力の低下がもどり綺麗になった金属面をコーティングすることにより

滑らかなピストン運動と圧縮圧力を回復させていきます。

エンジンをオーバーホールするほど走ってもいないが又は、オーバーホールするほどお金をかけられない

けど!?最近パワー不足など調子がいまいちと感じる方はご相談ください。

エンジンが蘇り、なにより体感できますのでご心配なく

ブログランキングへ参加中です

 

GSX-R 750 K8

201462404050.jpgスズキ GSX-R750 K8

まずは、ステムベアリングの交換&ステムシャフト歪みのフロントアライメント作業

GMD車体計測からのデーターを基にお客様と要ご相談・・・・・・・・

心配されていたフレームの歪みなどのデーターに大きな数字は無くメンテナンスを兼ねたアライメント調整

 

 

201462405520.jpg GSX1フロントサスペンションのチューニング&オーバーホール作業

高速と低速の調整が出来るCOMPバルブは年式で異なる仕様になっています

K8だと高速側の調整はあってないような代物

その中、少しでもオイルの流量を確保し調整幅を持てるようチューニングを

 

 

20146241846.jpgGSX2NUTECスペシャルオイルとSKFシールでワンランク上を行くサスペンションの出来上がり!!

後のセッティングで見違える動きになりました。

 

 

201462411437.jpgGSX3リアサスペンションのオーバーホール

 

 

20146241172.jpgGSX4サスペンションは定期的なメンテナンスが必要ですよ!

Sさん・・・・・・・聞いてるかなw見てるかなw宜しくお願いしますねw

 

 

201462412032.jpgGSX5リアショックを外したついでにリンク回りもオーバーホール

まだまだメンテナンス箇所は続くのですが・・・・・・・足回りと吸気&点火系&エンジンのパワーアッププログラムの施工と多岐にわたる作業

ここまで一気に依頼されたの初めてですw

ありがとうございます・・・・・・だけど定期的にメンテナンスしましょw悪いこと言いませんからw

ブログランキングへ参加中です

 

 

eco program施工

2014623115843.jpg eco1NUTEC エコ プログラムの施工事例 

エンジン内部とフューエル経路(燃焼室)までを簡単にクリーニングできるKITです

 

 

201462312733.jpg eco2施工事例 ヤマハ MT-01

まずは、NC-221ガソリン添加剤とNC-121クリーナーでインテーク側からクリーニングしちゃいます!

この時とっても香ばしい臭いがしますので換気しましょう・・・・・・

マニホールド・インテーク・スロットルバルブ・燃焼室・ピストン回りの洗浄をしていますのでかなり凄い臭いです

クリーナーの溶剤によってエンジンオイルが希釈されますので新油へ交換します

そこでエコ プログラムKITのNC-910の投入を(エンジン内部のフラッシング剤)

新油+910の組み合わせでお客様に1000Kmほど乗っていただきますが(エンジン回転数に気をつけましょう)

NC-910はオイル経路のカーボンスラッジクリーニング剤です!実走による高温・高圧で洗浄効果を発揮します

高い回転数または全開走行は厳禁です!あくまでもエンジン内部をクリーニング中であることをお忘れなく!

 

 

 

2014623123954.jpg eco31000Kmを目安にエンジン内部のクリーニング終了です

ここで、通常のオイル交換作業とNC-83トリートメント剤を投入し施工終了!

NC-83はクリーニングされた金属表面などを特殊コーティング・修復の作用があり長持ちするように作られています。

個人的には、高年式で走行距離10000Km以上のエンジンへ有効的かと!

最近エンジンからの異音や熱ダレ・燃費が気になる方にお勧めです何よりお財布にやさしい仕様ですしね!

興味のある方はMOTO TRUEへお問い合わせください

ブログランキングへ参加中です

梅雨空の下

201462222175.jpgお菓子ここ最近の日曜日は

天気が良いとお客様からお土産が届くように!

梅雨のあいまの晴天を狙ってか!?ツーリングへ行ったお客様達

行った先のご当地ものを頂くわけです・・・・・・・ありがとうございます!

なかなかお店のツーリングを開けずその催促も感じつつお仕事していますw

 

 

 

2014622222437.jpgXJR1200Rヤマハ XJR1200R

GMD車体計測の依頼です

走行中、右へ傾いている感じがしてしまうXJR

中古で購入し外観はとっても綺麗な車両ですが!違和感を感じてお持ちになりました。

計測の結果、フロントホイルの傾きとステムの歪みを発見し修正することに

お客様が安心してツーリングいけるように頑張って仕事します。

ブログランキングへ参加中です

ページ上部へ