ホーム>OWNERS DIARY>GALLERY>CBR600RR
GALLERY

CBR600RR

20148112159.jpgCBR1ホンダ CBR600RR PC37

フロントサスペンション/オーバーホールのご依頼

フォークシールからオイル漏れがありオーバーホール作業を頼まれたのですが

2年間ほど乗らずにいた車両のインナーチューブは錆びが酷くインナーチューブ交換へとなりました

残念ですが・・・・・・・・

車体の軽量化が進む昨今のオートバイは、例外なくサスペンションも軽く作られています

インナーチューブも一昔のインナーと比べたら相当軽いのでは!?

レーサーレプリカの倒立フォークなのでなお更なのでしょうが・・・・・・・

 

 

201481121207.jpgCB2

カートリッジ内部も分解して点検/清掃

メンテを怠らず雨などに濡れたなら拭いてあげるだけでも錆びも防げるし傷も付きづらくなりますよ

 

 

201481121320.jpgCB3

フォークシールに定評の良いSKFをチョイス!

SKF独特の色をしていたグリーンからブラックに変わりました!?とりあえず、新色のブラックを装着!

フロントフォークを車体へ組み付ける時は、ステムの捩れやフォークの突き出しに注意しながら組み付けます

アライメントの狂いを生じたりサスペンションの動きも悪くなってしまうので要注意です。

お盆休みの真っ只中、皆様無事故でお過ごしください!内の娘は日増しに真っ黒に日焼けしていきますがw

大丈夫か娘w!?

ブログランキングへ参加中です

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.mototrue.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/70

ページ上部へ