ホーム>OWNERS DIARY>GALLERY>ホンダ CB1300SB
GALLERY

ホンダ CB1300SB

20151017113349.jpgcb1ホンダ CB1300スーパーボルドール SC54

2年前、ステアリングの不調と前後サスペンションのオーバーホールでお持ちいただいたCB1300SB

しかし、2年なんてアッというまですね!

お客様のきちんとした管理の下サスペンションのメンテナンスをご依頼いただきました。 

(しっかりとしたメンテナンス管理に頭が下がる)

インナーチューブを再メッキ処理へ

ストローク部分に点錆びが幾つか!?これも2年越しの計画で今回は再メッキしました

 

 

20151017114941.jpgcb2

フロントサスペンションチューニング

ノーマルのCOMPバルブからGMDチューニングCOMPバルブを使用します

バルブの変更により、減衰の立ち上がりの緩和とオイル流量を増すことにより追従性を上げる方向へ

(ノーマルバルブでは突き上げ感が強く追従性も悪い)

 

 

201510171236.jpgcb3バルブだけ交換すれば良いというわけではありません!!

当然、COMP側とTEN側のリバルビングを行いますよ!!

特にCBは、沈み込み側の調整がありませんのでCOMP側はごまかしがききませんからね

 

 

20151017121556.jpgcb4

フォークシールはSKFのブラック

インナーチューブを再メッキしましたので、今回はインナーパーツ (スライドメタルなどなど) は新品へ交換しました

車体の姿勢をしっかり保つためにスプリングカラーも作り直し

フォークを組んでしまうと見た目何の変化もなくなってしまいますが (ザンネン)

まったくの別物です!

路面のギャップ ・ アンジュレーションへの追従性の向上や峠のやな下り減速帯など嘘のように気にならないように!

見た目にはわからない差がふんだんに盛り込んであります。

 

 

20151017123458.jpgcb5

今回、お客様ご自身が持ち込まれたOHLINSリアショック

みため綺麗でしたが中は結構汚れているかなぁ~

結局、オーバーホールしておいて正解でした!

 

 

20151017123855.jpgcb6

前回までのノーマルショックに比べるとリプレイスショック(オーリンズ)は作りそのものが間違いない!

性能もぐっとアップしましたね

 

 

20151017124220.jpgcb7

オーバーホール完了です!

 

 

20151017124310.jpgcb8車体完成

定期的なメンテナンスを実施しているオーナー様

大概、オイルが漏れたり見てわかる故障が生じるまでメンテナンスしない方が多い中!?

マメに整備するからこそ乗ってその違いのわかるライダーになれるのだと思います

本当に自分の大切なバイクだと思うのなら!尚更その違いのわかるライダーになりませんか!?皆さんw

ブログランキングへ参加中です

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.mototrue.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/96

ページ上部へ