ホーム>OWNERS DIARY>2015年11月

2015年11月

ヤマハ MT-09

2015117174333.jpgMT1ヤマハ MT-09

お客様より車体計測のご依頼です

転倒暦があるMT-09、当然ながら修復はされていますが!?

ステアリングに異常があるとの事でした。

お客様から、車両をお預かりしたさいの問診をもとに試乗をおこないます

あーこれかなり酷いな!?

問診以上に左右にバンクしたさいのステアリング舵角が異なる状態

早速、仕事場へ戻って計測しないと と!思いながらもMT-09のエンジンフィールに心奪われてしまいました。

ヤマハのクロスプレーンコンセプトに基づいた3気筒エンジン!確かにシンクロしてくれますw面白いw

仕事場へ戻り計測作業を・・・・・

計測数値を基にこれからお客様へご連絡です。

ブログランキングへ参加中です

 

スズキ アクロス250

2015112205446.jpgアク1スズキ アクロス250

お客様より車体計測と修正作業のご依頼です

とてもレアな車両となりつつあるアクロス250!?

通常のタンク部分にはヘルメットが入ってしまうとてもユニークな車体構成(シート下にガソリンタンク)

この車両を末永く良いコンディションで乗り続けたいとのお客様の気持ちが伝わってきます。

フレーム本体の異常はなく、フロントアライメント修正を基本としたアライメント修正作業を行い

ステムのベアリング交換や足回りのオーバーホール作業と続いていきます。

 

 

20151122195.jpgアク2インナーチューブの再メッキ加工

腐食のはじまったインナーチューブはどんなに小さな錆でも徐々に大きくなりオイルシールを傷つけてしまいます

どの道誤魔化せないのであればしっかりと再メッキを施工した方が安上がりにつながります。

 

 

2015112211430.jpgアク3

スライドメタルなどインナーパーツを交換します

再メッキされたインナーチューブに合わせてフルオーバーホールといったところでしょうか!?

 

 

201511221185.jpgアク4

フロントサスペンション完成

NUTEC フルシンセティックフルードを使用し新車時以上のコンディションとなっています

 

 

2015112212111.jpgアク5

フロントアライメント修正とステムベアリング交換作業

 

 

2015112212441.jpgアク6発注してあったナイトロン リアショック

リプレイスサスに設定がないアクロスなので特注にて製作してもらい完成したショック

採寸・借り付けを含め一ヶ月半程度お客様にはお待ちいただきました。

 

 

2015112213211.jpgアク7長らくお待たせいたしましたが完成です

試乗した感想は言うまでもないくらい満足していただける仕上がりです!

生まれ変わったアクロスで気持ちよくライディングしてください。

ブログランキングへ参加中です

ページ上部へ