ホーム>OWNERS DIARY>GALLERY>全てはこの為!
GALLERY

全てはこの為!

201632104011.jpg SHOWA ショック CB1300SF ホンダ ホンダ CB1300SF SC40 プロリンク式 SHOWA リアショック

いよいよ春めいてきた今日この頃・・・・・・花粉もすごい飛んでいますがw

本日、日曜日の昼下がりは久しぶりに常連の皆さん達がお集まりに・・・・・・

お店のなかは、とっても賑やかな一日でした!

今年も、みんなで楽しく走りたい!?てきな~~~談義になったのかなぁw

 

お客様のCB1300SFをジオメトリーチューニング!!

GMD 3次元計測だから成し得る技なんですよ真面目にです!

当てずっぽうで車高をイジッタリ、はたまたサスペンションをイジッタリは大変に危険なことです

なので、GMD 3次元計測でバイクのジオメトリーを数値化することで安全に狙った姿勢変化をバランスよく変更できるんですね!

本当に優れものなんですw

簡単にいうと、プロのライダーがセットアップする車体をこの計測器で行えると言うことです

 

 

20163211557.jpg バイク GMD 3次元計測 OHLINS オーリンズ サスペンション ショック

OHLINS リアショック

せっかくのホンダ プロリンクでしたが取り外しです・・・・・・なぜか?

今、売られているCB1300SFやSC54などには使われていませんよねそれが一つの答えですw

重い車重を少しでも軽くしましょう!!

オーリンズのショックに変更するにあたって取り付け下部をオリジナル(コの字)のエンドアイにします

これが無ければ取り付け出来ませんw オーリンズ ショックも後期のCB1300用ではございませんw

企業秘密・・・・・です(笑

ジオメトリーを変更するには、まず前後サスペンションはきちんとダンパーの強化またチューニングされた状態へ

なぜなら、動く車体を安全に保持できないからです

このお客様も、ノーマルのCBより旋回性能を上げつつも色々なシチュエーションで乗れるCBを目指しここまで計画的にしてやってきました

全てはこの為に!ですw

 

 

201632113529.jpg ホンダ CB1300SF SB

車高変更前 前ジオメトリー状態

201632113737.jpg GMD 3次元計測 車高変更 チューニング ホンダ CB1300SF CB1300SBGMD 3次元計測 ジオメトリーチューニング後

写真が小さくて分かりづらいですね・・・・・ごめんなさい

GMDでは、スイートナンバーというジオメトリーの最上級がありますが!これは一歩手前のステムはノーマルを使用

ノーマルのステムを使用して現状できる限りのジオメトリーチューニングをしてあります

キャスター角 トレール量 ピポットの高さ スイングアームの垂れ角など変更されていますので

ノーマルの重だるいハンドリングから、軽快に旋回していくハンドリングそして安定したタイヤの接地感!

交差点などの小さなコーナーですら違いははっきりとわかります

オーナーの意向で、通勤仕様でありながらツーリングからサーキットまでオールマイティーな1台にとw

そんなご希望に沿ったジオメトリーチューニングをしてみました。

本日、無事納車いたしました。ありがとうございました。

ブログランキングへ参加中です

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.mototrue.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/113

ページ上部へ