ホーム>OWNERS DIARY>2016年8月

2016年8月

夏対策

2016823115630.jpg ホンダ ヤマハ カワサキ スズキ バイク クーラント 修理 東京 足立区ホンダ CBR600RR PC37

お盆休みも終わり台風も頻繁にやってくると・・・・夏も終了かなとw

そういえば、水不足の関東には恵みの雨となったんですかね!?

休暇で千葉の海へ出かけたんですが 『節水』 の張り紙をよく見かけたので・・・

 

(本題)最近、サーキット走行が増えてきたCBR600RRの水まわり修理です

ラジエターホース類は細い物を含めると10点以上にのぼり結構な作業時間w

クーラント液はNUTEC ZZ-91R 高性能クーラント使用

真夏の熱対策はこれで完璧!

まだまだ暑い日が続くと思いますが人もバイクもあつさ対策を

ブログランキングへ参加中です

オーリンズ リヤ ショック

20168151310.jpg オーリンズ リヤ ショック オーバーホール チューニングお盆前の駆け込み修理w

スズキ DR-Z用 オーリンズ リヤショックのオーバーホール作業

先ずは、ロッドの面だし作業です

シール関係をいくら新品に換えてもロッド面が荒れていては意味がありませんw

地味ではありますがしっかりと行わなければならない作業!

 

 

201681513712.jpg スズキ DR-Z リアショック オーリンズ オーバーホールピストン回りのシムも一枚一枚汚れを落とし

組み立てていきますよ!

元が新品同様でしたので至って綺麗なショックでした

でも、分け合ってオイル漏れを起こしていましたw

 

 

201681514159.jpg オーリンズ ショック オーバーホールG.M.D.ブリーダーシステムでフルードを注入し完成です

スズキ DR-Z400のショック さすがに大きいですねw

業者の方から頼まれたオーバーホール作業でしたのでショック単体で納品しお終い

フロントフォークサスペンション&ショック関係のオーバーホール依頼は、お盆明けでしたら比較的スムーズにお受けできますのでどしどしご依頼お待ちします!

さて、次の作業へ移ります!

ブログランキングへ参加中です

SHOWA BPFフォーク

皆さん、お盆休みはどの様にお過ごしでしょうか!?

まだ、これからと言う方も(私も!?)いらっしゃるかと思いますが?

お盆前に納めなくてはいけない仕事が何件かありましてその一つがフロントフォークのオーバーホール作業

 

 

201681317533.jpg ショウワ SHOWA BPF フロントフォーク オーバーホールスズキ GSX-R750 L1

インナーチューブの面だし作業です

インナーチューブのストローク部分に付いた傷を取り除く作業なんですが(磨き)!?

縦傷の深いものや飛び石などでできたホールが深い場合は交換また再メッキとなります

 

 

20168131809.jpg スズキ GSX-R750 BPF フロントフォークオーバーホール 修理 カスタムBPF フォークでよくあるお悩みの一つが、ダンパー抵抗が大きい故の動きの渋さ

また、硬いイメージをお持ちの客様が多いかと思います。

インナーチューブ内径に合わせたビックピストンは初期抵抗が大きくなるのは当たり前!?

しなやかにはなかなか動いてくれないw ザンネンですがw

それでも、求める用途によっては少しでも改善できるように工夫して作業しています。

難しいですが!?

 

 

2016813181622.jpg GSX-R スズキ サス修理 ショック修理 オーバーホール 東京都 足立区完成です

ジムカーナ仕様のGSX-R750へ組み込まれるフロントフォークサスペンション!

フォーク単体でお預かりしていたのでその後、フロントフォークの動きは如何でしょうか?

セッティングを出すのも難しそうで気になるところですw

ブログランキングへ参加中です

ジオメトリー変更

201688234111.jpg カワサキ GPZ900R 修理 カスタム 足立区 チューニングカワサキ GPZ900R A8

つづきのお話です!

G.M.D.車体計測をすることによってGPZ900Rの車体姿勢(ジオメトリー)を抽出

フレームの曲がりは、修正すれば真っ直ぐにはなるものの

その、オートバイが持っている旋回能力まで引き出せるわけではない

大切なのは、今!どんな状態なのか(姿勢)を知ることが大事です

タイヤのサイズ変更やサスペンションの交換そしてホイルサイズを変えたり・・・・

皆さん様々な仕様変更により、正しい車体姿勢から大幅に狂ってしまっている事も多々あります

 

 

201689031.jpg カワサキ GPZ900R ニンジャ 足立区 修理 カスタムもともとの仕様では、車体が倒れず(立ちが強く)旋回しないわりにコーナー進入時ステアリングが不安定

コーナー出口で、アクセルを開けようとするとお尻が下がりすぎてステアリングはアンダーになりアクセルを開けれないw

まさに、車体姿勢が狂ってしまったGPZ900Rでした

そんな車体姿勢を計測データーを基にジオメトリーチューニングを施します

どのくらい変わったのか!?簡単に言うとw

基のキャスター角27度(アメリカン並み)から24度台まで立て、お尻は基から40mm上がっていますw

まるでスーパースポーツ系のキャスター角(車体姿勢)を持たせました(大丈夫かな?)

良く曲がる分、しっかりとトレール量を残し安定したステアリングの動きへ

コーナーリングスピードを入り口から出口までロス無く高い次元を維持できるように2次旋回も鋭く

その分、サスペンションの強化が必要不可欠です!

 

 

20168902634.jpg 旧車 カスタム CB GPZ ZRX ZXR ZR 足立区 現行車両との大きな違いは、なんと言ってもお・も・さ・です

また、ハイスピードで動く車体の剛性不足と・・・・・なかなか現行車両には及ばない現実がw

それでも、このスタイルに魅せられて人間が操る楽しさに今も昔も少しも劣ることは無いのです

きっと、そんなスペシャルな1台になってくれればと思います。

ブログランキングへ参加中です

 

サスペンション チューニング

20168415718.jpg フロントフォーク サスペンション チューニング GPZ900R ZZR1100 1200正立タイプ フロントフォーク サスペンションのセミカートリッジ チューニング

カワサキ GPZ900Rに装着されていたZZR-1100(D型)のフロントフォークなんですが

なんちゃてっ!?減衰調整がついているのを全て取り去ります

中身はほぼほぼダンパーロッドタイプの減衰機能なのでG.M.D.セミカートリッジ化へ変更

減衰力を高め、しなやかで腰のあるサスペンションへ生まれ変わらせます!

 

 

2016842133.jpg セミカートリッジ バイク サス ショック チューニング カスタムG.M.D.セミカートリッジ

カートリッジタイプと同じバルブが組み込まれていますので突き上げるようなオイルロックは起こしません

当社の旋盤にてスプリング内径にあわせて加工しなおし、ロッド挿入側には追加リングを製作し圧入してあります

ダンパーロッド内部を通るオイルを確実にカートリッジへ導くためです

当然ながら、ロッドへの減衰穴の加工チューニングも溶接穴埋め加工を施してあります

 

 

20168422524.jpg 正立フロントフォーク チューニング カスタム フロントフォークスプリングはオーリンズのシングルレートスプリング(10N/mm)レートへ強化しました

オーリンズ リア ショックもオーバーホールし前後サスペンションの出来上がりです

カワサキ GPZ900Rへ装着するのですがジオメトリーの変更で旋回力を向上させるための大切なパーツなんです

フレームワークから始まったこの作業あともう少し!?(お待たせしましたw)

つづく・・・・・・・

ブログランキングへ参加中です

ページ上部へ