ホーム>OWNERS DIARY>スズキ GSX-R750
OWNERS DIARY

スズキ GSX-R750

201772413038.jpg gsx-r750 車体計測スズキ GSX-R750

GMD車体計測

ジムカーナで活躍されている車両のメンテナンスです

競技車両として割り切った仕様のGSX-R750ですので!?紆余曲折あっての車体の現状・・・・・

良いタイムをたたき出す為に真剣ですw 作業する側にもビンビン伝わるぐらいw

お客様よりバイクの動きを色々とレクチャーして頂きながら車体計測のデーターと掛け合わせていきます

計測データーを診る限り、かなり車体の姿勢は迷走状態であることとフロントアライメントが狂っていることが判明しました

 

 

2017724134552.jpg

ステムベアリングの交換

 

 

201772413472.jpg フロントアライメント修正 東京 足立区

フロントアライメント修正

修正可能値ギリギリですw

 

 

2017724134922.jpg スズキ GSX-R750 東京 足立区 MOTO TRUE各アライメントが正しくなったら!お次は本題の車体姿勢の変更です!

お客様がどの様にライディングされているかを伺いながら車体の姿勢を決めていきます

最初は、漠然とした質問のやりとりから徐々にバイクにどう動いて欲しい!どうライディングした!と明確になっていきます

この時間が、結構大切なんですよ・・・・どうイメージをお持ちなのか!

このGSX-Rの場合は旋回性能を上げようと突き出したフロントフォークが良くない方向へ!?

なので、逆にフロントフォークを突き戻します(本当はキャスター角を立てたいところです)

動きとしては、進入からのフロント加重に耐えてスリップダウンを起こしにくく安定したステアリングの動きに

これにより、ライダーが積極的にアプローチしやすくなりアクセルも早く開けることができると思います

単純に、ステムを変更できれば旋回性能も接地感も上げることができるのですが・・・・・

何より、引き受けた仕事の中で最高を目指すのがプロですよねw 頑張らないとw

リアは、フロントの安定感を損なわない程度に車高を上げるに留まります!?

もっと機敏にヒラヒラ感を出せるように車高を上げたいのは山々ですがこのあたりがベストな姿勢です

このGSX-Rで運をも見方につけて好成績を出せるといいですね!

頑張ってくださいw 応援してます!

ブログランキングへ参加中です

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.mototrue.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/171

ページ上部へ