ホーム>OWNERS DIARY>スピードトリプル
OWNERS DIARY

スピードトリプル

20171127122747.jpgトライアンフ スピードトリプル 955i

昨日の日曜日、少し寒さも緩んだように感じますが・・・・・

子供が風邪でダウンw

吐き気が止まらずトイレの前に布団をひいて臨戦態勢をとるほどw

次の日、病院で点滴を受けて少し元気を取り戻した先週末でしたが!

皆さんお変わりありませんか?

少し暖かく感じると!?気がゆるみますが風邪を引かないように注意です

 

トライアンフ スピードトリプル 955iのお客様がやってきました

以前より、サスペンションのサグ出しをお願いされていたのですが?

週末やっと時間が取れたようでご来店いただきました

他で、来店中だったお客様から『これって映画に出ていたバイクですよね』と

きまってその話題になりますw 確かにインパクト大きかったですよねw

それ以外にも、3気筒エンジンやらフレーム形状やら出目金のようなヘッドライトなどなど

話題満載のスピードトリプルのはずですが・・・・・

 

 

20171127125041.jpg

それでは、サグ出しのお話を

路面のギャップなどで、突き上げのショック大きくサスペンションが硬いと思われている方いませんか?

この手の相談をよく受けます・・・・・

多くの割合で、プリロードが不足しているために起こる!?

サスペンションの底突き感を『硬い』と勘違いされているパターンです

一つの目安は、サイドスタンドやセンタースタンドなどを掛けてサスペンションが伸びた上体から

バイクに跨らず0Gの状態にしてバイクを垂直に立ててみる

もし、大きく車体が沈むように思えたらプリロード不足かもしれませんw

そして、このスピードトリプルもかなりのプリロード不足で

ストロークが底を突く状態でした

フロントに関しては、プリロードの調整範囲を超えてしまうほどで!?

サスペンション自体の劣化もあいまって危険な状態とも言えるほどw

それでも、出せる範囲でサグを取り!

お客様に跨っていただき乗車姿勢が変わったことにプチ感動されていましたw

姿勢がしっかり取れているバイクは、勝手に曲がってくれるように感じるほどです

サグ出しが終わった後は、知恵の輪のようなお仕事をw

 

 

2017112713510.jpg

ホンダ CB400SF NC39

キャブレターのオーバーホール作業です

ん?

どうやったらキャブを車体から外せるか考えるほど!

具だくさんw

なんとな~く、昔やったCB400SFの事を思い出したころにやっと外れましたw

先ほどのサグ出しが楽に思えてならない・・・・・・

真冬はもっと外れないキャブレターなので少し暖かかった日曜日に外せてよかった!

かもですw

ブログランキングへ参加中です

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.mototrue.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/191

ページ上部へ