ホーム>OWNERS DIARY>ガス圧0リアショック
OWNERS DIARY

ガス圧0リアショック

2018328231651.jpg初夏の陽気で、桜満開です!

一気に咲いてw

一気に散るw

そんな桜が好きですw

でも、ここ最近の寒暖の差で体調不良だったり・・・・・

月末だったりと・・・・ドタバタやっていますw

 

2018328232953.jpgトライアンフのネタが続きますが・・・・・お付き合いくださいw

リアショックのオーバーホール作業

まず、分解前にショックのデーターを記録しておきます

プリロード値や減衰調整値そしてガス圧値など

で!ガス圧を測ると0でしたw

なかなか気合の入ったショックです!?

 

201832823417.jpgガスが入っていないと、写真のように縮めるとそのまま動きません

少しでもガスが残っていれば、ゆっくりでも伸びてくるはず!?

お~い伸びてこ~い

無理みたいですw(仕事は真面目にしています・・・ご安心を)

多かれ少なかれ、どんなショックもガスは抜けていきますので要注意です!

ガス圧が下がれば、シリンダー内の内圧が下がり本来の減衰力がでなくなります

ですので、定期的なメンテナンスが必要なわけです

 

201832823518.jpg分解&洗浄

汚れの激しかったピストンやシムはしっかりと点検整備しましょう!

 

2018328235550.jpg完成です

0圧だったガスもしっかり注入済みですw

これでしばらくは、調子よくサスペンションとしての仕事をしてくれるはずw

まだまだ、気温差があって体調を崩しやしいので皆様お気をつけて!

ブログランキングへ参加中です

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.mototrue.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/215

ページ上部へ