ホーム>OWNERS DIARY>GALLERY

GALLERY

タフブラックコーティング

2017128211010.jpg施工前

 

カワサキ ゼファー750 アクスルシャフト

お店の車両、ゼファー750へタフブラックコーティングを施工してみました

施工した違いを感じやすくするのに、調度良い素材化かと思いましてw

ゼファーC5タイプの平成7年登録と、かなりお疲れの前後アクスルシャフトですw

そういえば、来年あたりに新しい元号が発表されますね!?

昭和世代の私からすると平成一桁のオートバイも立派な旧車・・・・・だと思っていたが

明治生まれの方から見たら最新のオートバイと変わらないかもw

話がそれました・・・・

写真のシャフト表面は腐食も結構すすんでいます(疲労度合いMAX)

 

 

201712822513.jpg

タフブラックコーティング施工後

出来上がりです!腐食していたのが嘘のようにとっても綺麗です

しかし、アクスルシャフトへタフブラックコーティングをして何の意味があるのと?

思う方もいっぱいいるかと思います・・・・・がw

今回は、低フリクションな特徴はおいといて!?

40μmのコーティングで本当に疲労強度が上がるのか!

また、体感できるほどの物なのかを確かめてみます

世の中には、いっぱいクロモリシャフトというモノがあることは今は忘れましょうw

 

2017128222249.jpg

装着です

ゼファーのフロントアクスル径は17mmと、今時の車両から比べると剛性不足なシャフト

ハイグリップのタイヤを履いて、路面のギャップやアンジュレーションをサスペンションに伝えていく役割を

アクスルシャフトがはたしています!(超大切)

なので、ただの棒じゃありませんよw

皆さん、ハイグリップタイヤに替えたり、サスペンションを強化していませんか?

それは、アクスルシャフトへの負担をどんどん増やすことになっています

なので、わざわざ高価なクロモリシャフトへ交換する人が多かったりするんですw

今回は、ノーマルの古いアクスルシャフトへコーティングしての変化ですが!?

ノーマルより、格段に車体が軽く動いてくれて足回りがシャキッとした感じです

同時にステアリングがとても軽く動いてくれる

そして、路面からの細かなインフォメーションが格段に増えた

以前が無さ過ぎたとも言えます・・・・・・悲しい

それでも、タフブラックコーティングだけでかなり生まれ変わった感はあります

疲労強度UP成功です!確実に表面強度が増したことを体感できました

だからと言って、クロモリにはかないませんよw 剛性は変わらないのでw

次はクロモリシャフトへタフブラックコーティングを試してみたいと思います!

腐食も抑えられどれくらい変わるのか楽しみです

ブログランキングへ参加中です

 

ホンダ CB1300SF

2017126202547.jpg タフブラックコーティング 施工 東京 足立区 モトトゥルー MOTOTRUEホンダ CB1300SF SC40 タフブラックコーティング 

今日は、寒い一日でしたw 朝方はしみるような寒さでw

皆様、風邪など引かないようにご注意を!

 

タフブラックコーティングの施工が出来上がってきました

当初お客様より、エンジンパーツにWPCなどの施工を頼まれていたのですが

今回は、最新技術のタフブラックコーティングを進めさせていただきました

タフブラックの特徴でもある金属の表面だけでなく内部までの40μmのコーティング処理

これにより、コーティングがまず剥がれない事が最も優れている部分です

せっかくの超低フリクションのコーティングをしても、すぐに剥がれるようでは意味がありませんよね

そして、エンジン内部のパーツですのでめったやたらと分解や交換もできません

今回、お客様のご希望でヘッド周りのパーツ類へタフブラックの施工をしました

 

201712621138.jpg タフブラックコーティング 処理 施工 東京 足立区

ホンダ CB1300SF用 ヨシムラカムシャフト

今では、貴重なヨシムラカムシャフト!?

超低フリクションと耐磨耗性も向上するのでタフブラックコーティングで準備万端

綺麗に仕上がっています!

只今、シリンダーのボーリングなどを外注へ出している最中ですので

エンジンの出来上がりはまだ先になりますが今後の組立も楽しみですw

ブログランキングへ参加中です

 

ホンダ CBR1000RR(2)

201765174753.jpg CBR1000RR SC59 修理 カスタム 東京 足立区ホンダ CBR1000RR SC59 後期

つづきですw

CBR1000RR、前後タイヤ交換作業!

そう言えば、各タイヤメーカー6月より価格の値上げとなります(ご注意を!)

あと数日は、旧価格にてご提供できるかもしれませんw

 

 

20176518442.jpg オーリンズ TTX リアショック 東京 足立区

そして、バックオーダー待ちのOHLINSが入荷してきました

ノーマルのSHOWAバランス・フリーショックからオーリンズTTXへ交換です!

 

 

201765182424.jpg ホンダ CBR1000RR オーリンズ TTX カスタム 修理 東京 足立区ユニット・プロリンク周りも綺麗にオーバーホールしてグリスアップ後

組み付け完了!

 

 

201765182745.jpg ホンダ CBR1000RR SC59 カスタム 修理 東京 足立区

お客様より、事前にCBRの問題点をいくつかお聞きしたうえで作業内容を決めて進めました

まず、GMD車体計測にて車体のデーターを抽出し

ベストな車体姿勢を作るには、前後サスペンションをどうチューニングしておくべきか!?

タイヤの外径も考慮してリアショックTTXをチョイスしています

良いパーツには間違いありませんがw良い働きをさせるには適切なセッティングが肝心です

そして、良い足回りを生かすも殺すも!?大切なのは車体姿勢(ジオメトリー)なのです

CBR1000RR SC59に関していうならば、トレール量が不足しがちなので少しでもトレール量を増やすセッティングが必要となります。

新たにバランスの取れたCBR1000RRでサーキット走行をご堪能ください!

ブログランキングへ参加中です

 

ホンダ CBR1000RR(1)

2017531123833.jpg ホンダ CBR1000RR BPF フォーク 修理 チューニング 東京 足立区ホンダ CBR1000RR 2014

気が付けば5月31日と・・・・・明日から6月ですよ!?

なんだか、あっという間に月日が過ぎて行くので一日一日をもっと大切に過ごさないと!?

振り返れば、ぜんぜん今年立てた目標は進んでいない・・・・・このままでは半年が過ぎてしまうw

このあたりで、ふんどしを締めなおして頑張りますかw

 

ホンダ CBR1000RR BPFフォークのオーバーホール&チューニング

お客様より、BPFフォークのバルビング及び減衰加工のご依頼をいただきました

(他、多数・車体姿勢の変更など)

 

 

20175311300.jpg ホンダ CBR1000RR フロントフォークチューニング 修理 東京 足立区

具体的、シムの入れ換えによるバルビングとストローク初期の減衰加工です

BPF特有のダンパーの効き具合を嫌うライダーが多い傾向!?

今回のご依頼も、カートリッジタイプのような動きに近づけて欲しいということでした!

何度か組みなおしながらBPFフォークチューニング完成です

なんとか、攻略できたようでほっと一息w

 

2017531133033.jpg CBR1000RR ステムベアリング 交換 東京 足立区

つづいて、ステムベアリングの交換作業です!

各メーカーごとに、外装の軽量化の為なのか?カウリングや吸気ダクトの取り回しと組み立て方はある意味!?

ジグソーパズルのようで・・・・・初見作業を進めるうえでいつも悩みの種ですw

 

 

2017531133834.jpg ホンダ CBR1000RR 修理 カスタム 東京 足立区

フロント組立完成

今回、車体姿勢を見直す事になったCBR

公道仕様のままサーキット走行が8割ぐらいだと言うのでそのあたりを考慮したジオメトリーに変更します!

続きは、リア周りの作業へ・・・・・

ブログランキングへ参加中です

 

ホンダ X4 

20174316552.jpg オーリンズ オーバーホール 修理 東京 足立区春うらら

昨日の陽気で、やっと近所の桜並木が開花してきたようです

まだまだ、咲きはじめですがw

待ちかねた花見の人々で通勤路の河川敷は宴の人達でにぎわっています!

なんだか自転車をこぎながら後ろ髪引かれるような・・・・・知り合いのグループに声をかけられ!?

思わずブレーキをかけ止まってしまいそうにw 誘惑が多すぎw

お仕事お仕事!

 

ホンダ X4のジオメトリーチューニングを行いました

車体計測の結果、キャスターが29度ほどあり!?かなりの改善が必要です

春の穏やかさならぬ、穏やか過ぎるハンドリングですねw 

少なくとも26度あたりまでキャスターをつけてステアリングが少しでも軽く切れていくようにしましょう

先ずは、OHLINSにつくフォーク延長KITを取り去りキャスタ角の確保を!

 

 

201743163123.jpg ホンダ X-4 CB CBR オーリンズ カスタム 修理 東京 足立区

オーリンズ フロントフォーク取り付け

フォークのストロークの確保も当然ながら・・・・

ブレーキング時にX4の車重に耐えられるようにトレール量も確保!

あとは、リア周りをいじってジオメトリーの変更チューニングは完了

ちょっと、社外ステムの調子があまりよろしくありませんがw

現状でできる限りの手を尽くし、ステムベアリングを交換し!ブレーキ周りもカスタムし!

最後に、電気配線関係を修理しておしまい

 

 

201743164955.jpg ホンダ X-4

ホンダ X4 完成

スタンダードのX4のキャスターは31度 トレール量135のホイルベースは1650もあります

今回のジオメトリー変更で、キャスター26.9度 トレール量109のホイルベースは1614です(0G)

現状このあたりが限界でしたw

作業後に乗ると、コンパクトに感じられる車体の動きをすぐに感じる事ができます

当然ながら、以前のダルなステアリングではなく明らかに旋回性は向上しています

ですが・・・・・現行のスーパースポーツ並みの走りとはいきませんw

それでも、ノーマルのX4には無い楽しさてんこ盛りのお客様仕様車の出来上がり

あとは、オーナーであるお客様にいっぱい乗っていただくだけです!

オートバイに乗るには最高の陽気ですから

ブログランキングへ参加中です

 

ヤマハ MT-01

201732511486.jpg ヤマハ MT-01 フロントフォーク オーバーホール 整備 カスタム 東京 足立区ヤマハ MT-01

お客様より前後サスペンションのオーバーホールのご依頼をいただきました

先ずは、フロントフォークのオーバーホールから!

KYBのカートリッジタイプです

確か!?納車1年ぐらいでフォークからオイル漏れをおこし修理した記憶がありますw

それから、6年以上の月日が過ぎたのかな?早いものです

 

 

2017325115752.jpg MT-01 ステムベアリング 修理 カスタム 東京 足立区ステムベアリングの交換

MT-01のコンセプは鼓動!なので当然ながら振動がすごいw

ミラーだけで何個交換したことやら・・・・・・見えなくてではなく!?もげて脱落して交換とw

私の知っている限り3セットぐらいミラーを交換しているのではないか?

ステムベアリングもいい感じに遣れて錆びついています

土台となるレース部分がシャフトに張り付きなかなか抜けません!

挿入するベアリングレースとステムシャフトのクリアランスがきつめに設定されているのもあるのかな?

振動がすごいからではないでしょうが・・・・・・偉く作業時間がかかりましたw

 

 

2017325121111.jpg ヤマハ MT-01 リアショック オーバーホール カスタム 東京 足立区ヤマハ MT-01 リアショック オーバーホール

ショックユニットをエンジン下に位置し通常のスイングアーム前部に排気マフラーが通るMT-01

それにより、あの独特なホルムに・・・・・後ろを走っているとミサイルでも飛んできそうw

冗談はさておいて、リアショックのガス圧はほぼ0でした

シールヘッダーを加工して丈夫なシールを装着できるようにして組みます

オーバーホール完成です!

 

 

2017325122336.jpg ヤマハ MT-01 修理 カスタム 東京 足立区ヤマハ MT-01 ヘッドライトの交換

最後に、お客様持ち込みのヘッドライトに交換

新車で納車前にライト交換をお願いされてから、このライトでたしか4個目!?

4代目完成ですw

しっくりきまってかっこいいですね!

次はどんなマスクに変えますか!?5代目のご依頼お待ちしてますよw

新車外しのヘッドライト交換から4個目のライト交換は私のバイク屋人生でお客様だけです

MT-01といいオーナーといい規格外なところが似ています。

ブログランキングへ参加中です

FRENTUBO カーボン ブレーキライン

20161126111.jpg FRENTUBO フレントゥーボ  カーボン ブレーキ ホース 東京 足立区FRENTUBO ハイパフォーマンス 油圧ライン (ブレーキホース)

カーボンブレーキライン!?

ヨーロッパの2輪および4輪メーカーへのOEM供給および2輪 ・ 4輪双方のワークスチームへの供給実績により

その、パフォーマンスと品質に間違いはありません!

安全性に関しても、TUV  ・ FMVSS規格を共に取得しており車検にも完全対応しています!

 

 

2016112611924.jpg FRENTUBO フレントゥーボ カーボン ブレーキ ホース 東京 足立区

600mmのブレーキラインの重さは30グラム

軽いw

ステンメッシュラインの半分ぐらいの重さでしょうか!?

そして、アルミ ・ ステンメッシュよりも柔らかくフレキシブルな動き!?

さりげなく他とは差のつくブレーキラインです是非お試しください!!

ブログランキングへ参加中です

ヤマハ SR500

201611212387.jpg ヤマハ SR400 SR500 修理 カスタム 改造 東京都 足立区ヤマハ SR500

ブログの更新が滞ってしまい・・・・・すっかり季節は冬ですw

今年も、残すところ1ヶ月と少しですか!?

SR500は、予定通りに10月末に納車いたしました! 良かった良かった

フレームから組み直し手間と時間はかかりましたが、仕上がったSRを見ると嬉しい物ですね

エンジンは、前オーナーが乗っていた数年前にコスワースのピストンを使用し私が組みなおした物です

何気に高速でリッター車にグイグイついていきますw 最高速1※※Kmでたりしてw

面白いシングルエンジンでした

そんな、エンジンとFCRなどの改造パーツを移植した新SR500

お店に長い間、眠らせていたもののこれでまた日の目をみれます!?

 

 

20161121232555.jpg ヤマハ SR400 SR500 カスタム 修理 改造 東京 足立区

新しいオーナーの好みにより外観は大きく変更

タイヤもダンロップK70に履き替え

ビンテージ感が漂ってますねw

 

 

20161121233049.jpg ヤマハ SR400 SR500 修理 カスタム 改造 東京 足立区試乗した感想は、とってもGOOD!!!

シングルのキャブ車!レトロな感じの中にもレーシーさを感じるところがとっても好きです

現代のオートバイみたいな、扱いやすさや飛びぬけた速さは無いけれど個性あふれる味わいは物凄く光ってるw

ブログランキングへ参加中です

 

カワサキ ZX-6R

201692163319.jpg ZX-6R ZX-7R ZX-10R サス オーバーホール 東京 足立区カワサキ ZX-6R

前後足回りのオーバーホール(メンテナンス)作業です

最近、湿度も低くカラッとした!お天気で秋めいてきたのでしょうか・・・

作業もはかどりますw

先ずは、インナーの傷取り面だし作業をします

 

 

201692164219.jpg ショウワ SHOWA BPF フォーク オーバーホール 修理バルブまわりシムに至るまで分解&清掃します

お客様から、『硬い』 イメージのBPFフォーク!?やはりもうすこし柔らかしたいそうでが

ZX-6Rのバルブシム配列は、他のBPFより減衰をきつめにセッティングされています

そもそも、ピストン自体の抵抗が大きくてカートリッジタイプと比べるとセッティングは柔らかめなんですがw

その辺がBPFの良し悪しでもありそう

 

 

201692173135.jpg フロントフォーク オーバーホール 東京 足立区

フロントフォーク オーバーホール完成

BPFフォーク、NUTECのスペシャルフルードと低フリクションフォークシールのSKFで動きはかなり改善

最近、続いていたBPFの作業もこれでひと段落

 

 

20169217423.jpg ZX-6R ZX-7R ZX-10R リアショック オーバーホール 東京 足立区

続いて、リアショックのオーバーホール作業

最近のノーマルサスペンションもかなり侮れませんね!?

コンプレッション側の調整はHi / Loの調整機能付き

そして、リバウンドスプリング構造になっているw 

 

 

201692175933.jpg リア ショック オーバーホール 東京 足立区

ピストン下側にスプリングを内蔵しストローク動き出しのスムーズさや

伸びきった時のしなやかな動きを生むリバウンドスプリングw

当たり前に、部品点数も増えコストもかかります

ノーマルショックですが侮れませんねw

 

 

20169218652.jpg ZX-6R ZX-7R ZX-10R リアショック リンク オーバーホール 東京 足立区リア ショック オーバーホール完了

クッションオイルは当然ながらNUTEC スペシャルフルードを使用します

そして、リンクの清掃とグリスアップのメンテナンスも完了です!

 

 

20169218121.jpg カワサキ ZX-6R メンテナンス 修理 東京 足立区

前後足回りのメンテナンス完了!

当店で足回りメンテナンスをしていただいたお客様には初期セットアップを無料で行っています

お客様の体重に合わせたサグ出しから使用・用途に応じた初期セッティングのお手伝いなどの内容となります

是非ご利用くださいませ!

まだまだ暑い日が続きますが人もバイクもメンテナンスを怠らないように乗り切りたいと思います。

ブログランキングへ参加中です

 

ジオメトリー変更

201688234111.jpg カワサキ GPZ900R 修理 カスタム 足立区 チューニングカワサキ GPZ900R A8

つづきのお話です!

G.M.D.車体計測をすることによってGPZ900Rの車体姿勢(ジオメトリー)を抽出

フレームの曲がりは、修正すれば真っ直ぐにはなるものの

その、オートバイが持っている旋回能力まで引き出せるわけではない

大切なのは、今!どんな状態なのか(姿勢)を知ることが大事です

タイヤのサイズ変更やサスペンションの交換そしてホイルサイズを変えたり・・・・

皆さん様々な仕様変更により、正しい車体姿勢から大幅に狂ってしまっている事も多々あります

 

 

201689031.jpg カワサキ GPZ900R ニンジャ 足立区 修理 カスタムもともとの仕様では、車体が倒れず(立ちが強く)旋回しないわりにコーナー進入時ステアリングが不安定

コーナー出口で、アクセルを開けようとするとお尻が下がりすぎてステアリングはアンダーになりアクセルを開けれないw

まさに、車体姿勢が狂ってしまったGPZ900Rでした

そんな車体姿勢を計測データーを基にジオメトリーチューニングを施します

どのくらい変わったのか!?簡単に言うとw

基のキャスター角27度(アメリカン並み)から24度台まで立て、お尻は基から40mm上がっていますw

まるでスーパースポーツ系のキャスター角(車体姿勢)を持たせました(大丈夫かな?)

良く曲がる分、しっかりとトレール量を残し安定したステアリングの動きへ

コーナーリングスピードを入り口から出口までロス無く高い次元を維持できるように2次旋回も鋭く

その分、サスペンションの強化が必要不可欠です!

 

 

20168902634.jpg 旧車 カスタム CB GPZ ZRX ZXR ZR 足立区 現行車両との大きな違いは、なんと言ってもお・も・さ・です

また、ハイスピードで動く車体の剛性不足と・・・・・なかなか現行車両には及ばない現実がw

それでも、このスタイルに魅せられて人間が操る楽しさに今も昔も少しも劣ることは無いのです

きっと、そんなスペシャルな1台になってくれればと思います。

ブログランキングへ参加中です

 

ページ上部へ