ホーム>OWNERS DIARY>GALLERY

GALLERY

スズキ GSX1100S カタナ

201562520713.jpgGS1スズキ GSX1100S カタナ

GMD 車体計測から得られたデーターをもとにジオメトリーチューニングをします

キャスターアングルからピポットハイトなどなどオートバイの運動性能を上げるために車体姿勢の変更作業を!?

と!その前にステムベアリングの交換作業です

ステムベアリングのガタは車体の計測時に発見するケース多いです!?

 

 

2015625202149.jpgGS2

フロントフォークサスペンション チューニング

某社外のフロントサスペンションなんですが、硬いオイルが入っていてまったく動きません!?

オイルの粘度を下げると逆にブニャンブニャンw

 

 

2015625202754.jpgGS3GMDバルブ

もともと、ダンパーの調整機能は付いていないサスペンション

減衰の基本になっているバルブを交換し柔らかい粘度でもキッチリと減衰が効くようにチューニングします

 

 

2015625203518.jpgGS4

フロントサスペンション完成

ジオメトリーの変更に耐えうるサスペンションまた、路面変化への追従性を高め乗り手が安心してライディングできるサスペンションの完成

 

 

2015625204013.jpgGS5フロントアライメント修正

サスペンションをいくら良い物に変えてもストロークの動きを妨げるような捩れや歪みがあっては効果は半減してしまいます

この辺は、抜かりなく作業を進めていきます!

 

 

2015625204453.jpgGS6

オーリンズ リアショック チューニング

ジオメトリーの変更にあたり、オーバーホールも兼ねてストロークの変更などチューニングしていきます

 

 

201562520481.jpgGS7フロント周り完成

 

 

2015625204944.jpgGS8リア周り完成

フロントノーズは下がりテールはだいぶ上がって見えます

現状でこのカタナ GSX1100Sが持てうる姿勢の限界(安全マージンをとったうえ)ですw

ジオメトリー変更前に比べて旋回性能は格段に上げてあります当然、直進安定性も考慮した上で!

カタナであってまったくの別物に変身です。

ブログランキングへ参加中です

 

ホンダ CB1300SF

201561224611.jpgCB1ホンダ CB1300SF SC40

昔、GMDでサスペンションチューニングを行ったフロントサスペンションを再度リバルビングします!!

当時は、GMDオリジナルのバルブを作っていなかったためピストンバルブは他車種の流用品

カートリッジ内部を分解しバルブを確認してみるとオイルフローが多いバルブ形状

そこで、GMDのバルブへ変更し再度リバルビング作業をします(チューニング)。

 

 

201561225755.jpgCB2サスペンションオイルは純正指定よりだいぶ柔らかいのだが追従性の向上とボトム付近の粘るような腰を出せています

チューニングバルブとリバルビングでのセッティング変更によるものです

 

 

20156123354.jpgCB3

現行のNEWステムKITと比べると剛性は劣るもののジオメトリーチューニングには欠かせないスイートナンバーステム

CB1300SFなのにまったく違う車両のようなステアリングフィール

それは、思うラインの内側へ車体が旋回していくような錯覚をおこしCBが小さなバイクに感じてしまうんです

抜群の旋回力と路面を捉えて離さないサスペンションとのマッチングは乗り手の自信を一番変えるかも知れません

 

 

201561232236.jpgCB4フロントアライメント作業

 

 

20156123258.jpgCB5リアショックオーバーホール作業

 

 

201561232830.jpgCB7前後タイヤはメッツラーのM7RR

サイズの変更によりリアの車高を変更してあります

お客さまのCBへの愛情をすごく感じる1台です、そして良くまとまっているCB1300SFでした。

ブログランキングへ参加中です

ホンダ VT250スパーダ

2015527214425.jpgVT1ホンダ VT250スパーダ MC20

色々と修理しなくてはならない様子のSPADA250

車体計測から得られたデーターでフロントアライメント修正を行いますがその前にフロントフォークのオーバーホール

 

 

2015527215732.jpgVT2洗浄後

スライドメタルやブッシュ関係を交換しフォークシールはSKF

 

 

201552722052.jpgVT3サスペンションフルードはNUTECフルシンセティックです

フロントサスペンションを完成させステムのベアリングの交換を!

 

 

201552722514.jpgVT4フロントアライメント修正作業

ツイストテストで大きく歪みのあったフロント・・・・・・・修正の限界すれすれでしょうか!?

修正を終えてフロントまわりを組みます

 

 

201552722919.jpgVT5

お次はリアショックのオーバーホール作業です

ロッドの錆びが酷く再メッキへ出していたものが戻ってきました

 

 

2015527221210.jpgVT6シリンダーへガス注入口の加工をし組み立てます

全体的にかなり痛んでいましたが何とか蘇ってくれそうかなぁ!?

 

 

2015527221445.jpgVT7ショック完成

リンクもオーバーホールしグリスUP!!

お客様からの持ち込みリンクプレートを取り付け車体のバランスを調整します

GMDならではのジオメトリー調整と安全の確保

闇雲に変えるのではなく確かなデーターの基行える作業なのですw

この後、キャブレターのオーバーホールや電装関係などなど車体のあらゆる箇所を点検整備してお客様へ納車

いつごろサーキットデビューするのか楽しみです。

ブログランキングへ参加中です

ホンダ CBR600RR 

2015320164624.jpgCB1ホンダ CBR600RR PC40

フロントサスペンションのチューニング依頼です

とても綺麗に乗られているCBR600RR!!カウリング類をバラスしていきます

PC37からPC40と大きなモディファイを受けているようで車体構成やサスペンションも違うようです!

現行モデルはさらに異なるのかなぁ?

 

 

2015320165556.jpgCB6002

お客様のCBR600RRは逆輸入車です

スライドメタルなども新品へ交換

 

 

2015320165920.jpgCB6003G.M.D ゴールドバルブへ交換しリバルビングします

ノーマルのCOMPバルブとシムの構成はとてもハードなセットです

路面状況のよいサーキットだけなら良いのかも知れませんが!?

乗り手の使用状況などを聞く限りツーリングからサーキットを少々ということでしたので!

しなやかにストロークするようリバルビングしました。

 

 

201532017118.jpgCB6004

完成です

納車前にお客様より足回りのセットアップについてご相談を受けていたので

前後のサスペンションのサグだしをしてからセッティングをさせて頂きました!

その後、オイル交換のご依頼も受けましたのでNUTECオイルへ交換です。

ブログランキングへ参加中です

 

ホンダ CB1300SF 

2015315212812.jpgCB1ホンダ CB1300SF SC40

前後サスペンションのオーバーホールのご依頼です

車両を店の中へ動かすさえフロントサスペンションの動きが変だな~と思いつつも・・・・・・

まずは、フロントサスペンションのオーバーホール作業開始

いきなりフロントアクスルシャフトが抜けないw

 

 

2015315213828.jpg左右のフォーク長が狂っているのでシャフト挿入位置が5mmほどずれています

でも、トップブリッジの突き出し量は左右それほど狂っていないので!?

これは、サスペンションの中がかなりカオスな状態なのかも知れませんw 

きっと、車体を動かしたさい違和感を感じたのはこれが原因ですね

 

 

2015315214452.jpgCB3分解し綺麗に洗浄後

このパーツが片側に入っていないw 

 

 

2015315214718.jpgCB4ボトムコンピース

当たり前ですが、サスペンション長は変わってしまいます (※長さを変えるパーツではありませんw)

フォークがフルボトムした場合に一気に底付きしないために必要なパーツです

ん~かなり悪質だなぁ (お客様も中古で買われたので詳細はわかりません)

 


2015315222937.jpgCB5

リアショックのオーバーホール作業

残念だがロッドのメッキの状態はよくありません

時間と費用に余裕があれば再メッキを・・・・・・・でも、ある意味迷うところです

 

 

201531522658.jpgCB6

ショック本体の劣化がいたるところで見受けられるので

次回はオーバーホールと言うよりリプレイスショックをお勧めします・・・・・

残念ですが、その方が長い目で見てお得です

前後サスペンションのオーバーホールでお預かりしたのですが

追加で、ステムベアリングの打ち換えとフロントアライメント修正が加わりかなり重整備となりました

 

 

2015315221741.jpgCB7

修理完成ですが、アレ!?もう一台!?

CB1300SF SC40 この車両シリーズがなんだか続きます

ブログランキングへ参加中です

ホンダ CB750F

201525212828.jpgcb1ホンダ CB750F FC

よくあるのですが!?足回りの修理でお預かりする際 『乗っていて変な挙動があるんですよねぇ』 と!なるわけです

なのでよくよくお話を聞くと、お持ちになられた修理内容ではないところが明らかにバイクの挙動や異変の元になっている事が多い。

乗っていて乗れない訳でもないし!動かないわけでもない!その程度のお話から・・・・・・・

本来、一番に直すべき車体の姿勢変化の話題になって行きこのCBもフォークのオイル漏れ修理から多岐にわたる修理となりました。

どのお客様も一番望んでいることは同じで 『楽しく安全に乗りたい』 ということです!

車体の計測を行い、前後アライメントまたフレームの歪みを検査をして修理・調整の方向をお客様と話し合います

お客様が感じた不具合や違和感を的確にみつけていく事が大切!

このCBの場合、トレール量が不足することにより高速道路などで車体が不安定になっている事がわかりました。

原因がわかれば!

まずは、フロント周りをしっかりさせるためフォークのオーバーホールから・・・・・・・あれドレンボルトが取れない

サスペンションフルードも少ししか出てきませんが片側一本のフォークのドレンボルトが固着して取れないw

 

 

20152522214.jpgcb2

旧車恐るべしw

ボルトの頭の中心をドリルとリューターを使いボトムケースを傷つけずなんとか取れましたw

やれやれ・・・・・・・

 

 

201525222511.jpgcb3

ドレンボルトが抜けなければオーバーホールで・き・な・いつ~ことです!

しかし、フォークの中のスラッジがすごいこと!?ダンパーの役目はほとんどしてない!?

 

 

201525222920.jpgcb4

アンチダイブ機構(TRAC)もバラシて綺麗にまたしっかりキャンセルします。

生産当時の技術なのかも知れないが今となっては無用の長物なのですw

そして、ヘタリきったブッシュやスライドメタルなど!今回はスプリング(WP製)も交換と

バネレートを現在のものから上げてシングルレートへ変更します。

 

 

201525224232.jpgcb5CB750F FCへ対応しているシングルレートスプリングをスクーデリアオクムラさんが対応していると言う事なので

ご注文を!これでスッキリ!シャッキリ!となるでしょうw

SKFのフォークシールKITを使いフロントサスペンションはかなり蘇ったはずですよw

でも、まめにメンテナンスはしないと駄目ですw 金額も少しは安くなるはずですw

お次は、フロントアライメント修正とステムベアリングの交換作業です

 

 

20152522484.jpgcb6画像だけだとぽんぽんとテンポ良いけどw実際の作業はどっこいしょ~といった感じなんですよ!

フロントの歪みとホイルの歪みが少々ありましたが、無事故無転倒ということなのでホイルは製造時の精度が良くないのでしょうね

ザンネンですが

 

 

201525231153.jpgcb7

出来上がりです

トレール不足からの直進安定性が悪かったCBでしたが、フロント周りのオーバーホールと修正で路面のアンジュレーションもなんなくクリアー!

車体が製造された年式からすると、現在履いているタイヤの性能 (グリップ力など) 格段に良くなっています

当時の剛性の足回り!?といいますか車体そのものがタイヤの性能についていけず何処かに破綻をきすものです

なので、マメなメンテナンスとバランスよく仕上げるしかないのですねぇ

お客様もそんなに高い次元を望んでいるわけでもありませんがw

是非、安全に楽しいバイクライフを!

ブログランキングへ参加中です

GSX-Rジオメトリーチューニング(2)

2014121221452.jpgGSX1スズキ GSX-R1100 GU74A

(1)からの続きです!

フロント周りをいったん仮組みし、オイルクーラーやステアリング切れ角などの採寸作業をします

 

 

201412122218.jpgGSX2加工業者から届いたキーブラケットとオイルクーラーブラケット

採寸が間違えないか確認しつつフロントを組み立てていきます!

 

 

2014121222717.jpgGSX3GSX-Rの車高を大幅に変更するのでリンクの加工が必要です!

 

 

2014121222925.jpgGSX4リンクの加工とリヤショックの加工でやっとキャスター角・ピポットハイト・アームの垂れ角などなどが理想的な位置に

 

 

2014121223726.jpgGSX5完成1

 

 

2014121223853.jpgGSX6全体1

見た目的には、ステム以外目新しい物は無いのですがw

跨った瞬間、以前のオートバイとの違いをハッキリわかるくらいの車体姿勢!とオーナーであるお客様の一言

試乗してみて、あまりに以前とは違う動きにしばし困惑気味のお客様でしたが慣れてしまえばなんてことは無いはず

私的には、以前と比べ物にならないほどグイグイ旋回していくGSX-Rが楽しくて思わず距離が伸びてしまうw

あくまで完成後の試乗です!ゴメンナサイw

それでもいろいろと試してみる!?わざとステアリングの舵角が付いているカーブでブレーキを握っていじめてみる・・・・・・・

まったくバランスが崩れない車体姿勢!?路面のギャップに対しても同じく!?後はお客様に乗って頂くだけ!?

ブログランキングへ参加中です

 

GSX-R ジオメトリーチューニング(1)

2014113018575.jpgGSX1スズキ GSX-R1100 GU74A

本日お客様へ納車したオートバイは、GMD計測をフルに活用したジオメトリーチューニング車両へと生まれ変わりました!

お持ちになられた時のオートバイの車体姿勢からは、大きく変更したフロント周りのキャスター角やトレール量

そして、リヤ周りのピポットハイトやスイングアームの垂れ角に至るまでジオメトリーチューニングを施しています。

まずは、GMDが弾き出す理想的な数字(黄金比)に絶えうる足回りのチューニングを行います。

 

 

20141130191727.jpgGSX2フロントサスペンションチューニングとオーバーホール作業

残念ながら片側インナーチューブの状態が悪く再メッキ処理をすることに・・・・・作業が一時中断 ザンネン

 

 

20141130192435.jpgGSX3

減衰力(ダンパー)を強化しつつGMDゴールドバルブを使用してのしなやかな足へとチューニング

87年式のGSX-R1100は、正立フォークなのですが!?お客様から預かる時点で91年式のGSX-R750の倒立フロントフォーク(フロント周り)が装着されています。

カートリッジ内部のバルブユニットは、とても使い物になる品物ではないのでゴールドバルブを装着できるように加工を施します。

すごく手間がかかりますw

 

 

20141130194142.jpgGSX4

ボトムコンピースの製作&加工

左からノーマル・真ん中が新たに製作した物・右側はさらに加工したボトムコンピース

なぜか片側にしか入っていなかったw

理由は、オーナーであるお客様でもわかりませんw

ただ言えるのはえらい時間をフロントフォークに費やしたということですかねw 参りましたw

 

 

20141130195128.jpgGSX5車両持込の前から装着されていたNITRONリヤショック

フロント周り同様に、リヤホイルもGSX-R750の物が装着され!?

17インチへと変わることで車高が低くなっている車体・・・・・・

理想的な車高へ変更する為、NITRONさんへサスペンションの加工へ!?

ジャパンクオリティーは伊達じゃありません!とてもスムーズにサスペンション加工~装着が出来ました!

迅速な対応ありがとうございます。

 

 

2014113020946.jpgGSX6

そして、GMDの黄金比(スイートナンバー)に必要不可欠なスペシャルステムKIT

ジオメトリー(車体構成値)をチューニングする上で安全な走りが出来ることは当たり前

ですが、結構皆さん無視されているのが正直なところ・・・・・・・

トレール量をきちんと数値化し管理することがとても大切です

GMDでは同じ車体計測値の無いオートバイ一台一台をチューニングする上で危険な状態にならないようにトレールコントロールします

理想キャスター角でステアリングの応答性を上げつつも

ドライ&ウエットと様々に変化する路面状況を、捉えるフロントタイヤの接地圧や安定性を失わないようにすることがとても大切です。

そこで、満を持してGMDオリジナルスペシャルステムKITの出番です!

 

 

2014113021313.jpgGSX8

G.M.D.COMPUTRACKの日本総代理店 代表の塩見氏(KMT代表)が設計したNEWステムKIT

写真の物は、オフセットを25/26mmの可変式にし!贅沢にカシマコートで仕上げられたスペシャルな一品

切削精度は1/1000で製作されています!あまりの精度の高さに組み込むさいに驚きましたw

そして、まったく無駄なガタ(クリアランス)が無いのでライディングしたさいに剛性・バランス・応答性がノーマル時と違うことを感じるはずです。

その2へ続きます

ブログランキングへ参加中です

 

CBR600RR

20148112159.jpgCBR1ホンダ CBR600RR PC37

フロントサスペンション/オーバーホールのご依頼

フォークシールからオイル漏れがありオーバーホール作業を頼まれたのですが

2年間ほど乗らずにいた車両のインナーチューブは錆びが酷くインナーチューブ交換へとなりました

残念ですが・・・・・・・・

車体の軽量化が進む昨今のオートバイは、例外なくサスペンションも軽く作られています

インナーチューブも一昔のインナーと比べたら相当軽いのでは!?

レーサーレプリカの倒立フォークなのでなお更なのでしょうが・・・・・・・

 

 

201481121207.jpgCB2

カートリッジ内部も分解して点検/清掃

メンテを怠らず雨などに濡れたなら拭いてあげるだけでも錆びも防げるし傷も付きづらくなりますよ

 

 

201481121320.jpgCB3

フォークシールに定評の良いSKFをチョイス!

SKF独特の色をしていたグリーンからブラックに変わりました!?とりあえず、新色のブラックを装着!

フロントフォークを車体へ組み付ける時は、ステムの捩れやフォークの突き出しに注意しながら組み付けます

アライメントの狂いを生じたりサスペンションの動きも悪くなってしまうので要注意です。

お盆休みの真っ只中、皆様無事故でお過ごしください!内の娘は日増しに真っ黒に日焼けしていきますがw

大丈夫か娘w!?

ブログランキングへ参加中です

ホンダ CB1300SF

20148922328.jpgCB1ホンダ CB1300SF SC40

前後サスペンションのオーバーホール作業のご依頼を頂きました

GMD神戸にてサスペンションチューニングを受けていたフロントフォークとリアショック

関東圏に引越しされたお客様がわざわざGMDつながりということもあって内へご依頼を頂いたしだいです。

SC40の走行距離を伺いびっくり!なんと22万キロ越え!?

全国津々浦々と走られた大切なCB1300SF・・・・・・・・すごいwオドメーターがデジタルなので確かな距離です!

まめな整備とサスペンションのオーバーホールをされてきただけの事はありますね

 

 

20148922199.jpgCB2

車体姿勢のチューニングもGMD神戸さんでされていただけあってステアリングは軽く曲がっていきます!

この年式のSC40には無いハンドリングです・・・・・すばらしい!

 

 

201489222840.jpgCB3

リアショックにはオーリンズ

オーリンズのオーバーホール作業を!フロントのインナーチューブもそうでしたが面研に手間取りましたw

縦に傷が入ってしまっている箇所があるので面研するのですが

次回のオーバーホール時は再メッキ処理が必要かもしれません・・・・・・・・残念ですが

それでも、ここまで使いきれるのもマメなメンテナンスしかり!オーリンズだからかも知れない!?

ピロブッシュもまだ健在ですし!さすがです!

 

 

201489224142.jpgCB4

オーバーホール完成後に引取りに来られたお客様

これだけの距離と時間を共にしたオートバイに跨るお客様の背中にはレジェンドの風格を感じます

自分の手足のようにCBが動き颯爽とお店を後にされました。

ブログランキングへ参加中です

 

 

ページ上部へ