ホーム>OWNERS DIARY

OWNERS DIARY

ホンダ CB1000SF 

2015915184845.jpgCB1ホンダ CB1000SF BIG1 SC30

めっきり見なくなったBIG1!足回りのオーバーホール依頼です

91~92年と、もう20年以上の旧車といえるレベル!前後サスペンション以外にもステムベアリングも交換を

色々と故障箇所があって当然です

 

 

2015915185520.jpgCB2フロントサスペンションのオーバーホール作業

今回のOH!果たして過去にオーバーホールしたことあるのかなぁ・・・・・・一度くらいしているだろうな

フォークシールもSKFをチョイスです!

 

 

2015915185958.jpgCB3フロントアライメント修正も行いました

 

 

201591519115.jpgCB4ホワイトパワー ツインショック

リアショックのオーバーホール作業・・・・・・・・・

あまりにも年数がたったショック!いたる所が固着し大変な作業となりました・・・・・・・・

 

 

20159151947.jpgCB5出来ました

が!もう!やらないと思います。

 

 

201591519532.jpgCB6完成です

今回の整備に加えて車検もありました

常連のお客様のオートバイ完全復活いたしましたよ!

せっかく調子よくなったのだから乗ってあげないと駄目ですよ。

ブログランキングに参加中です

スズキ SV650S

201582202557.jpgスズキ SV650S

お客様のご依頼でフロントサスペンションチューニングとリアショックのオーバーホール作業をします

先ずはフロントを

 

 

201582202818.jpgオーバーホールを含めての作業ですから一点一点を点検しながら清掃していきます

既にお客様ご自身でスプリングの変更やフォークオイルの変更をしてありましたが今回はGMDインナーカートリッジを組み込みます!

 

 

201582203210.jpgセミGMDインナーカートリッジKIT

中には、GMD COMPバルブとシムが備わっています

このカートリッジによりダンパー(減衰)生み出ししなやかな動きを作り出していきます

 

 

201582204015.jpgセミ2

スプリングへ借り組み

下側をロッドへはめ込みフォークを組み上げていきます

 

 

201582204339.jpgSVリア

NITRON リアショックオーバーホール

フロントサスペンションともに組み上げお客様へ納車しました。

ブログランキングへ参加中です

 

秩父へツーリング

201571418313.jpgツー17月12日に、久々にツーリングへ行ってきました

ここ最近、足回りのチューニングでお預かりしていた車両のお客様を交えてのツーリング

関越 三芳PAにて7時に待ち合わせ

思い返すこと昨年の福島ツーリング以来乗っていなかった・・・・・・・・ZX-7RR

三芳には6時45分に着いたものの皆さん6時30分には到着されていたそうですsweat01

ドンだけ気が早いのだろうか!?

一番乗りどころかどんべに到着とは思わなかったなぁ~一味違う私を見せる予定が・・・・・・・崩れたsweat01

朝からぐんぐん気温は上がりはじめ、早々に三芳を出発することにしたのだがPAにはバイクのりが大勢いました

雨続きの鬱憤を晴らすかのように・・・・・・・・

 

 

2015714182527.jpgつー2

休憩のたびに水分補給を・・・・・・・・

皆さん言葉少なめ!?

 

 

2015714182843.jpgつー3この山を見て今年はカブトムシを捕りにに来ようと思いました。(小学2年生)

妄想か!?幻想か!?

とにかくもう夏・・・・・・・そして夏・・・・・・・出来れば車でエアコンを効かせてマイホームへ帰りたい

 

 

2015714183455.jpgつー4

心霊現象か!?

この写真をみておわかりだろうか・・・・・・・・・・

左はじに写るバイク・・・・・・・・・

そして道の駅 万葉の里と書かれた看板・・・・・・・・・・

三芳PAで撮られた写真以外は全て万葉の里で撮られている事を・・・・・・・・・

これしか写真がないなんて・・・・・・・・・・ごまかせないこの事実

久しぶりのツーリングなのにたったの4枚しか写真を撮っていませんゴメンナサイ

いつもなら食事と集合写真ぐらいは撮るのに!?

走りのレポートくださいとかお客様に言うわりに 『自分は』 こんなもんです!あぁ~ぁやっちゃった

次回、9月に伊豆方面を予定していますので乞うご期待・・・・・・・・なるか不安ですが

ご参加いただいた皆様、暑い中お疲れ様でした!そして全員無事のツーリングありがとうございました。

宜しければまた参加してください!

ブログランキングへ参加中です

 

 

 

スズキ GSX1100S カタナ

201562520713.jpgGS1スズキ GSX1100S カタナ

GMD 車体計測から得られたデーターをもとにジオメトリーチューニングをします

キャスターアングルからピポットハイトなどなどオートバイの運動性能を上げるために車体姿勢の変更作業を!?

と!その前にステムベアリングの交換作業です

ステムベアリングのガタは車体の計測時に発見するケース多いです!?

 

 

2015625202149.jpgGS2

フロントフォークサスペンション チューニング

某社外のフロントサスペンションなんですが、硬いオイルが入っていてまったく動きません!?

オイルの粘度を下げると逆にブニャンブニャンw

 

 

2015625202754.jpgGS3GMDバルブ

もともと、ダンパーの調整機能は付いていないサスペンション

減衰の基本になっているバルブを交換し柔らかい粘度でもキッチリと減衰が効くようにチューニングします

 

 

2015625203518.jpgGS4

フロントサスペンション完成

ジオメトリーの変更に耐えうるサスペンションまた、路面変化への追従性を高め乗り手が安心してライディングできるサスペンションの完成

 

 

2015625204013.jpgGS5フロントアライメント修正

サスペンションをいくら良い物に変えてもストロークの動きを妨げるような捩れや歪みがあっては効果は半減してしまいます

この辺は、抜かりなく作業を進めていきます!

 

 

2015625204453.jpgGS6

オーリンズ リアショック チューニング

ジオメトリーの変更にあたり、オーバーホールも兼ねてストロークの変更などチューニングしていきます

 

 

201562520481.jpgGS7フロント周り完成

 

 

2015625204944.jpgGS8リア周り完成

フロントノーズは下がりテールはだいぶ上がって見えます

現状でこのカタナ GSX1100Sが持てうる姿勢の限界(安全マージンをとったうえ)ですw

ジオメトリー変更前に比べて旋回性能は格段に上げてあります当然、直進安定性も考慮した上で!

カタナであってまったくの別物に変身です。

ブログランキングへ参加中です

 

ホンダ CB400SB 

2015625193848.jpgCB1ホンダ CB400SB NC39

少し前の作業記事ですが!?

ヘタリ具合といい!汚れ具合といい!オーバーホール作業のやりがいがあったリアショック

CB400スーパーボルドールなどの小・中排気量車ではかなりの確立でノーメンテになっているサスペンション

オーバーホールすれば確実に乗り心地は良くなるんですけどねw

 

 

2015625195011.jpgCB2

何処とは言わないが安い社外製のショックより、純正のショックの方が正直クオリティーは良いと思います

 

 

2015625195445.jpgCB3取り付け完成

これで乗り心地ともに復活です!

ブログランキングへ参加中です

 

スズキ GSX1100S カタナ

201565154936.jpgGSX1100スズキ GSX1100S KATANA

お客様より計測依頼のGSX1100S カタナです

すみからすみまで手の入っているバイクですが、前後17インチ化したことにより車体のバランスを崩しているようです

また、前後サスペンションの動きも悪く改善の余地は大いにあります

見た目ではわからない所有者ならではのバイクへの不満

実は、こう言った悩みを持つお客様が多いです!?

大切なバイクにお金と時間をかけてせっかく仕上げたものの実際に乗ってみると期待はずれ!?

思い描いた走りとは遠く離れ、こんなはずじゃないと悩んではいるものの原因がわからない

大切だったバイクへの熱も冷めはじめ乗る機会すら減ってしまう・・・・・・

非常にもったいない話です

GSX1100Sのお客様からも、そんな悩みを感じつつ前後サスペンションのチューニング!

そして、現状のパーツを使用しつつジオメトリーチューニングをすることとなりました。

カタナのもてる力を100%?イヤイヤ120%引き出せるように頑張ります!

ブログランキングへ参加中です

 

 

ホンダ ホーネット250

201565152636.jpgホーネットホンダ HORNET250 MC31

お客様より車体計測修理の依頼です

ステアリングの傾き異常ということでしたのでまずは計測作業を!

メインフレームの歪みは、修正が必要なほどではありませんでした

但し、フロントアライメントに異常があり、タイヤのセンターもあっていないようです

お客様へ診断の結果を報告し修正作業へと進めます。

地方からわざわざお持ちいただく (修理依頼) 例が増えてきています

きっと、悩んだすへに遠方よりお持ちくださっているはずなのでしっかり直したいと思います。

ブログランキングへ参加中です

ホンダ CB1300SF

201561224611.jpgCB1ホンダ CB1300SF SC40

昔、GMDでサスペンションチューニングを行ったフロントサスペンションを再度リバルビングします!!

当時は、GMDオリジナルのバルブを作っていなかったためピストンバルブは他車種の流用品

カートリッジ内部を分解しバルブを確認してみるとオイルフローが多いバルブ形状

そこで、GMDのバルブへ変更し再度リバルビング作業をします(チューニング)。

 

 

201561225755.jpgCB2サスペンションオイルは純正指定よりだいぶ柔らかいのだが追従性の向上とボトム付近の粘るような腰を出せています

チューニングバルブとリバルビングでのセッティング変更によるものです

 

 

20156123354.jpgCB3

現行のNEWステムKITと比べると剛性は劣るもののジオメトリーチューニングには欠かせないスイートナンバーステム

CB1300SFなのにまったく違う車両のようなステアリングフィール

それは、思うラインの内側へ車体が旋回していくような錯覚をおこしCBが小さなバイクに感じてしまうんです

抜群の旋回力と路面を捉えて離さないサスペンションとのマッチングは乗り手の自信を一番変えるかも知れません

 

 

201561232236.jpgCB4フロントアライメント作業

 

 

20156123258.jpgCB5リアショックオーバーホール作業

 

 

201561232830.jpgCB7前後タイヤはメッツラーのM7RR

サイズの変更によりリアの車高を変更してあります

お客さまのCBへの愛情をすごく感じる1台です、そして良くまとまっているCB1300SFでした。

ブログランキングへ参加中です

ホンダ VT250スパーダ

2015527214425.jpgVT1ホンダ VT250スパーダ MC20

色々と修理しなくてはならない様子のSPADA250

車体計測から得られたデーターでフロントアライメント修正を行いますがその前にフロントフォークのオーバーホール

 

 

2015527215732.jpgVT2洗浄後

スライドメタルやブッシュ関係を交換しフォークシールはSKF

 

 

201552722052.jpgVT3サスペンションフルードはNUTECフルシンセティックです

フロントサスペンションを完成させステムのベアリングの交換を!

 

 

201552722514.jpgVT4フロントアライメント修正作業

ツイストテストで大きく歪みのあったフロント・・・・・・・修正の限界すれすれでしょうか!?

修正を終えてフロントまわりを組みます

 

 

201552722919.jpgVT5

お次はリアショックのオーバーホール作業です

ロッドの錆びが酷く再メッキへ出していたものが戻ってきました

 

 

2015527221210.jpgVT6シリンダーへガス注入口の加工をし組み立てます

全体的にかなり痛んでいましたが何とか蘇ってくれそうかなぁ!?

 

 

2015527221445.jpgVT7ショック完成

リンクもオーバーホールしグリスUP!!

お客様からの持ち込みリンクプレートを取り付け車体のバランスを調整します

GMDならではのジオメトリー調整と安全の確保

闇雲に変えるのではなく確かなデーターの基行える作業なのですw

この後、キャブレターのオーバーホールや電装関係などなど車体のあらゆる箇所を点検整備してお客様へ納車

いつごろサーキットデビューするのか楽しみです。

ブログランキングへ参加中です

ホンダ CBシリーズ

20155262123.jpgCB1最近ホンダCBの修理依頼が続いてます!!

ありがとうございますw

CB1000 Big1 SC30 と CB1300SF SC40 と CB1300SB SC54 と各時代のバリエーションも豊か

足回りのオーバーホールやチューニングなどなど様々ですが!?

インナーチューブを再メッキまた、チタンコート処理に出していますのでしばしこの状態でお預かりです

この状態だと大きな地震が心配ですw早く加工パーツが戻ってくることを祈るばかり

ブログランキングへ参加中です

 

ページ上部へ