ホーム>OWNERS DIARY

OWNERS DIARY

全てはこの為!

201632104011.jpg SHOWA ショック CB1300SF ホンダ ホンダ CB1300SF SC40 プロリンク式 SHOWA リアショック

いよいよ春めいてきた今日この頃・・・・・・花粉もすごい飛んでいますがw

本日、日曜日の昼下がりは久しぶりに常連の皆さん達がお集まりに・・・・・・

お店のなかは、とっても賑やかな一日でした!

今年も、みんなで楽しく走りたい!?てきな~~~談義になったのかなぁw

 

お客様のCB1300SFをジオメトリーチューニング!!

GMD 3次元計測だから成し得る技なんですよ真面目にです!

当てずっぽうで車高をイジッタリ、はたまたサスペンションをイジッタリは大変に危険なことです

なので、GMD 3次元計測でバイクのジオメトリーを数値化することで安全に狙った姿勢変化をバランスよく変更できるんですね!

本当に優れものなんですw

簡単にいうと、プロのライダーがセットアップする車体をこの計測器で行えると言うことです

 

 

20163211557.jpg バイク GMD 3次元計測 OHLINS オーリンズ サスペンション ショック

OHLINS リアショック

せっかくのホンダ プロリンクでしたが取り外しです・・・・・・なぜか?

今、売られているCB1300SFやSC54などには使われていませんよねそれが一つの答えですw

重い車重を少しでも軽くしましょう!!

オーリンズのショックに変更するにあたって取り付け下部をオリジナル(コの字)のエンドアイにします

これが無ければ取り付け出来ませんw オーリンズ ショックも後期のCB1300用ではございませんw

企業秘密・・・・・です(笑

ジオメトリーを変更するには、まず前後サスペンションはきちんとダンパーの強化またチューニングされた状態へ

なぜなら、動く車体を安全に保持できないからです

このお客様も、ノーマルのCBより旋回性能を上げつつも色々なシチュエーションで乗れるCBを目指しここまで計画的にしてやってきました

全てはこの為に!ですw

 

 

201632113529.jpg ホンダ CB1300SF SB

車高変更前 前ジオメトリー状態

201632113737.jpg GMD 3次元計測 車高変更 チューニング ホンダ CB1300SF CB1300SBGMD 3次元計測 ジオメトリーチューニング後

写真が小さくて分かりづらいですね・・・・・ごめんなさい

GMDでは、スイートナンバーというジオメトリーの最上級がありますが!これは一歩手前のステムはノーマルを使用

ノーマルのステムを使用して現状できる限りのジオメトリーチューニングをしてあります

キャスター角 トレール量 ピポットの高さ スイングアームの垂れ角など変更されていますので

ノーマルの重だるいハンドリングから、軽快に旋回していくハンドリングそして安定したタイヤの接地感!

交差点などの小さなコーナーですら違いははっきりとわかります

オーナーの意向で、通勤仕様でありながらツーリングからサーキットまでオールマイティーな1台にとw

そんなご希望に沿ったジオメトリーチューニングをしてみました。

本日、無事納車いたしました。ありがとうございました。

ブログランキングへ参加中です

 

ホンダ CBR1000RR

20162280525.jpgCBR1ホンダ CBR1000RR SC57

事故からの修復作業です!

フロント回り!?特に外装類やメーター・ヘッドライトなどなど部品の入荷を待ちつつ

フロント足回りの復活作業を開始!!

 

 

201631403645.jpgCBR1フロントフォークの曲がりの検査とオーバーホール作業

事故が原因でオイル漏れも起こしていました

カートリッジ内部もしっかりと清掃しフォークシールはSKFを組み込みます

 

 

201631404213.jpgCBR2フロントのパーツはほぼ新品パーツにw

配線ごと事故で引き裂かれていたので見積もり段階が一番大変でした!?

どの部品が足りないのかすらよくわからない状態です(特に電装パーツ類)w

そして、エンジンが始動しないので基本整備も出来ない状態・・・・・・

 

 

20163140481.jpgCBR3一度、足回りを組み再度フロントアライメント修正と歪み検査作業

 

 

201631405213.jpgCBR4一気に作業が進んで車体全体の修理と整備の完了です!

エンジンも調子よく!良かった良かったw

そして、外装の仮組み状態から・・・・・・・

カウリングをカスタムペイントへ出す前のお客様との打ち合わせ!?

今回からは、カスタムペイント屋さんへ出しますので私も出来上がりが楽しみですw

 

 

20163141353.jpgCBR5出来上がり!

アッパーカウリングの赤い Vラインがうまくでるようにカウルの形状を加工してもらいました

2代目サイクロン号の完成wいい感じですw

事故からやっと蘇ったCBR1000RR!!再びオーナーの下へ復活!!

ピカピカのCBRに跨り満面の笑みのお客様・・・・・・お気をつけて!ありがとうございました。

ブログランキングへ参加中です

ヤマハ MT-07

201638232837.jpgMT1ヤマハ MT-07

本日、納車予定のMT-07!

お引取りに来られたお客様と、なんだか暖かい一日でしたねぇ~とお話しながら納車!?

ですが、すっかり春めいた一日から明日にはまた寒さが戻るらしいですよ・・・・・・ザンネン

車体計測でフロント回りに歪みが見つかりフロントアライメント修正を行いました

ステムベアリング交換も行いフロント回りは全バラからの組み直し

計測データーでNGだった部分を一つ一つ修正し直していきます

 

 

201638234058.jpgMT2

外装を外すと、より細身で各部がコンパクトに!?小排気量車並みに小さく見えます!

軽いはずですw

 

 

20163823463.jpgMT3完成

完成後、試走へ

TRX850を重ねてみていたのですが・・・・・・・

ある意味で似た部分もあるのだがエンジン回転の滑らかさは別物でしたw 失礼しましたw

滑らかに吹け上るわりに回転全域で粘り強いトルクを感じます

09は各部と乗り味がマッスルで、07は各部をコンパクトに軽快さをとても強調しているようです

そうそう忘れちゃいけない、お父さん的な初代MT-01は鼓動という怪物かなぁw全て規格外な感じ

MTシリーズ・・・・・

きっと、この手のパッケージがすきなんですねヤマハは!

何より本日、無事に納車できました!お客様、遠方よりありがとうございました。

ブログランキングへ参加中です

 

CB1300SFとFTR223

201631233119.jpgCB1ホンダ CB1300SF SC40

常連のお客様よりGMD車体計測のご依頼です

お客様がコツコツとカスタムをしてきたCB1300SF、このたび旋回性能を向上させるためにまず計測を!

もちろん、前後アライメントからフレームの捩れ歪みなどに異常が無いかもチェックします

オートバイのジオメトリーを変更するさいは当たり前のことです!安全第一!

今回は、ジオメトリー変更のための計測となり一安心

ジオメトリー変更の前にフレーム修正しなきゃ!?何てこともありますからねぇw

 

 

201631235128.jpgFTR

ホンダ FTR223

久しぶりにキャブレターのオーバーホールしています

オーバーフローを起こしてガス漏れが酷くエンジンの吹けも悪い

最近、めっきりと減ってしまったお仕事ですw

春先にかけて久しぶりにエンジンかけようとしたら・・・・・・・・

かからないし!?ガソリン臭いんです!?

と!お客様から連絡があったなぁ~

時代の流れを感じます・・・・・

そのうち、若い子にキャブってなんすかぁ?て、尋ねられちゃうんだろうw

ブログランキングへ参加中です

 

ヤマハ MT-07

2016228165035.jpgMT-07ヤマハ MT-07

フレーム ・ 足回りの曲がりや歪みが無いかを検査するため車体計測のご依頼です!

MT-09とはまた違うパイプフレーム構造

そして、2気筒のクロスプレーン ・ コンセプトエンジン

どんな走りをするのか興味津々です

本日、車体計測を終えてお客様へご連絡!

ところで、花粉の季節が到来ですねw 風邪とアレルギーのコンボ辛いw

ブログランキングへ参加中です

 

ホンダ CBR1000RR

20162280525.jpgCBR1ホンダ CBR1000RR SC57

数年前に、塗装のご依頼で来られたお客様でしたが・・・・・・・・

見るも無残な姿になってます!

事故にあい修理のご依頼と、以前仕上げたサイクロン号のカスタムペイントをもう一度!

ザンネンな事に、現在では塗装をやっていないので外注へお願いすることになります

 

 

201622801618.jpgCBR2GMD車体計測作業

フロント回りの破損が大きいのでフレームと足回りの歪みなどないか検査します

フレームに異常は無くまずは一安心!?ですがフロントアライメント修正が必要な計測結果

お客様へご連絡後、保険屋さんへもご連絡そして実際の作業へと進めていきます!

ブログランキングへ参加中です

ヤマハ MT-07

2016223165650.jpgMT7ヤマハ MT-07

三寒四温を繰り返しながら日も伸びてあ~春だなぁと・・・・・・・感じたいのですが!?

風邪をこじらせ早、2週間あまり不調つづくw

そんな中、本日お預かりしたヤマハ MT-07

車体計測のお仕事です!

咳き込みながらでも頑張らないと一向に終わらない仕事。

ブログランキングへ参加中です

ホンダ XR100モタード

2016210223916.jpgXR1ホンダ XR100モタード用、NITRON MINI Shock RACE Series

発注から少しお時間が掛かりましたが、入荷したナイトロン リアショック!!

スタンダードのショックとは見るからにスペックの差を感じてしまいますね

 

 

2016210224619.jpgXR2取り外したリンク周りもしっかりと洗浄してと・・・・・・・ほとんどグリスが充填されてません!?

ま、新車の組み立てとはこんな物かも知れませんザンネンですが

 

 

2016210225010.jpgXR3

このさいです!きちんとベアリングのボスも磨きながらまた、駄目な物は交換や打ち換え

そして、グリスをしっかりと充填します!

 

 

2016210225340.jpgXR4エアクリーナーBOXを取り外しショックを取り付けて完成です

お次は、フロントもリアに合わせてカスタマイズしますよ

 

 

2016210225731.jpgXR5

フロントフォーク オーバーホール

スプリングはシフトアップさんの強化スプリングへ交換

サスペンションフルードはノーマルより若干硬めにし油面も変更してみました

出来ればダンパー本体のチューニングをしたいところですね!

 

 

201621023245.jpgXR6フロントサスペンション出来上がり

ノーマルよりは腰が出たと思いますよ!

STDはあまりにも腰砕けでした物ねブニャンブニャンです!?

 

 

201621023552.jpgXR7

車体取り付け完成です

MINIサーキットで走りこんでいる常連のSさん!ありがとうございます!

サーキットでの走りはどうでしょうか?ステップ擦らなくなりましたでしょうか!?

ブログランキングへ参加中です

ヤマハ XJR1300

2016210222554.jpgXJRヤマハ XJR1300

業者様からフレーム検査のご依頼です

ん~~~フロントからズドーンと逝ってしまったそうです!?

フロントフォークは見事に曲がってしまっていますねぇ・・・・・・誰の目にもフレームが気になるほど

検査結果、メインフレーム曲がり歪みなどありませんでした!フロントフォークが衝撃を吸収したようです!

良かったですね修正にならなくて

ブログランキングへ参加中です

ホンダ VTR250

201626201947.jpgVT1ホンダ VTR250 MC33

このVTR250の持ち主は、小柄な女性ライダーさん

そもそも、足つきが悪いので車高を下げたいとのご依頼

ならば、車体計測をして車体のバランスを崩さず車高を下げましょうと!GMDならではのお仕事を頂きました

で!?

計測の結果・・・・・・・

メインフレーム曲がってますよ・・・・・・・

で!?

まずは、フレーム修正しますw

お客様も私もビックリ・・・・・・こんなはずじゃ~~~と思いながらも作業!作業!へと

 

 

201626203211.jpgVT2

VTR250の中古車を手に入れたお客様

以前の事故暦や転倒暦は一切わかりません

これも不幸中の幸いと!

もしも、知らずにフレームの曲がった状態で車高を下げて車体バランスの狂った状態で走ったならば・・・・・・

そんなオートバイ怖くて乗れませんよね!?

 

 

201626204235.jpgVT3

まぁ ここまでは、予定をしていなかったフレーム修正とフロントアライメント修正そしてステムベアリング交換作業

ここからは、本題のGMD車体計測で得たデーターを基に!

フロント/ リアの車高を調整すべくジオメトリーの変更作業です

サスペンションのストロークを見つつ前下がりやお尻下がりにならないように

そして、基本のキャスター角 / トレール量を保ちながら車高を下げていきます。

面白いことに、見た目ダックスフンド犬のように短足に見えるオートバイ!?

ちゃんと走るのか心配になるくらい・・・・・・・・

ですが!?成人男性が乗っても安心して乗れるんですねぇ~

計測データーを基に、キャスター角やトレール量を変更せず車高のみ下げたオートバイは見た目に反し

しっかり走っちゃうです!誰が乗っても!

 

 

201626211717.jpgVT4

フロントサスペンション オーバーホール作業

しっかりとした足回りでないと思った車高には出来ません

 

 

201626212332.jpgVT5もともと柔らかく腰のないフロントフォークですが

車高を下げるにあたりお客様が用意してくれたイニシャルアジャスターを取り付けて完成

 


201626212831.jpgVT6

リアショック オーバーホール

まずは、ガスを再注入出来るようにバルブを新設します

初回のみバルブ取り付け代が掛かります(以降 通常オーバーホールの金額のみ)

 

 

201626213536.jpgVT7

一点一点のパーツを洗浄 / 点検しいきます

その後、NUTECスペシャルフルードとガスを注入

 

 

201626213932.jpgVT8リアの車高を下げるにあたって

リアショック長を短く出来るエンドアイを取り付けてオーバーホール完成

 

 

201626214437.jpgVT9

車体への組み込み

フレーム修正で真っ直ぐになったフレーム

オーバーホールした前後サスペンション

そして、低く車高を下げられた車体と!生まれ変わったオートバイ

引き取りに来られたお客様にまずは試走をしていただき

戻られたお客様の第一声は 『停車した時真っ直ぐ止まれます』 なんとも深イイお言葉ですw

続いて一緒に来られていた旦那様も試走を・・・・・・

戻られて一言 『もう少しサスペンションを硬くしたいなぁ』 と!?

旦那様所有の、ビックバイクと思わず比べてしまうほど見た目に反し意外と走るVTR250!

車高を下げても安全に楽しいオートバイにと頑張ってみましたが!?

それでもなお小柄な奥様にはもう少し下げたいくらいですw

なんて!?落ちも付きながら楽しく納車できました!ありがとうございました。

ブログランキングへ参加中です

 

ページ上部へ