ホーム>OWNERS DIARY

OWNERS DIARY

ホンダ CB400SB 

2015625193848.jpgCB1ホンダ CB400SB NC39

少し前の作業記事ですが!?

ヘタリ具合といい!汚れ具合といい!オーバーホール作業のやりがいがあったリアショック

CB400スーパーボルドールなどの小・中排気量車ではかなりの確立でノーメンテになっているサスペンション

オーバーホールすれば確実に乗り心地は良くなるんですけどねw

 

 

2015625195011.jpgCB2

何処とは言わないが安い社外製のショックより、純正のショックの方が正直クオリティーは良いと思います

 

 

2015625195445.jpgCB3取り付け完成

これで乗り心地ともに復活です!

ブログランキングへ参加中です

 

スズキ GSX1100S カタナ

201565154936.jpgGSX1100スズキ GSX1100S KATANA

お客様より計測依頼のGSX1100S カタナです

すみからすみまで手の入っているバイクですが、前後17インチ化したことにより車体のバランスを崩しているようです

また、前後サスペンションの動きも悪く改善の余地は大いにあります

見た目ではわからない所有者ならではのバイクへの不満

実は、こう言った悩みを持つお客様が多いです!?

大切なバイクにお金と時間をかけてせっかく仕上げたものの実際に乗ってみると期待はずれ!?

思い描いた走りとは遠く離れ、こんなはずじゃないと悩んではいるものの原因がわからない

大切だったバイクへの熱も冷めはじめ乗る機会すら減ってしまう・・・・・・

非常にもったいない話です

GSX1100Sのお客様からも、そんな悩みを感じつつ前後サスペンションのチューニング!

そして、現状のパーツを使用しつつジオメトリーチューニングをすることとなりました。

カタナのもてる力を100%?イヤイヤ120%引き出せるように頑張ります!

ブログランキングへ参加中です

 

 

ホンダ ホーネット250

201565152636.jpgホーネットホンダ HORNET250 MC31

お客様より車体計測修理の依頼です

ステアリングの傾き異常ということでしたのでまずは計測作業を!

メインフレームの歪みは、修正が必要なほどではありませんでした

但し、フロントアライメントに異常があり、タイヤのセンターもあっていないようです

お客様へ診断の結果を報告し修正作業へと進めます。

地方からわざわざお持ちいただく (修理依頼) 例が増えてきています

きっと、悩んだすへに遠方よりお持ちくださっているはずなのでしっかり直したいと思います。

ブログランキングへ参加中です

ホンダ CB1300SF

201561224611.jpgCB1ホンダ CB1300SF SC40

昔、GMDでサスペンションチューニングを行ったフロントサスペンションを再度リバルビングします!!

当時は、GMDオリジナルのバルブを作っていなかったためピストンバルブは他車種の流用品

カートリッジ内部を分解しバルブを確認してみるとオイルフローが多いバルブ形状

そこで、GMDのバルブへ変更し再度リバルビング作業をします(チューニング)。

 

 

201561225755.jpgCB2サスペンションオイルは純正指定よりだいぶ柔らかいのだが追従性の向上とボトム付近の粘るような腰を出せています

チューニングバルブとリバルビングでのセッティング変更によるものです

 

 

20156123354.jpgCB3

現行のNEWステムKITと比べると剛性は劣るもののジオメトリーチューニングには欠かせないスイートナンバーステム

CB1300SFなのにまったく違う車両のようなステアリングフィール

それは、思うラインの内側へ車体が旋回していくような錯覚をおこしCBが小さなバイクに感じてしまうんです

抜群の旋回力と路面を捉えて離さないサスペンションとのマッチングは乗り手の自信を一番変えるかも知れません

 

 

201561232236.jpgCB4フロントアライメント作業

 

 

20156123258.jpgCB5リアショックオーバーホール作業

 

 

201561232830.jpgCB7前後タイヤはメッツラーのM7RR

サイズの変更によりリアの車高を変更してあります

お客さまのCBへの愛情をすごく感じる1台です、そして良くまとまっているCB1300SFでした。

ブログランキングへ参加中です

ホンダ VT250スパーダ

2015527214425.jpgVT1ホンダ VT250スパーダ MC20

色々と修理しなくてはならない様子のSPADA250

車体計測から得られたデーターでフロントアライメント修正を行いますがその前にフロントフォークのオーバーホール

 

 

2015527215732.jpgVT2洗浄後

スライドメタルやブッシュ関係を交換しフォークシールはSKF

 

 

201552722052.jpgVT3サスペンションフルードはNUTECフルシンセティックです

フロントサスペンションを完成させステムのベアリングの交換を!

 

 

201552722514.jpgVT4フロントアライメント修正作業

ツイストテストで大きく歪みのあったフロント・・・・・・・修正の限界すれすれでしょうか!?

修正を終えてフロントまわりを組みます

 

 

201552722919.jpgVT5

お次はリアショックのオーバーホール作業です

ロッドの錆びが酷く再メッキへ出していたものが戻ってきました

 

 

2015527221210.jpgVT6シリンダーへガス注入口の加工をし組み立てます

全体的にかなり痛んでいましたが何とか蘇ってくれそうかなぁ!?

 

 

2015527221445.jpgVT7ショック完成

リンクもオーバーホールしグリスUP!!

お客様からの持ち込みリンクプレートを取り付け車体のバランスを調整します

GMDならではのジオメトリー調整と安全の確保

闇雲に変えるのではなく確かなデーターの基行える作業なのですw

この後、キャブレターのオーバーホールや電装関係などなど車体のあらゆる箇所を点検整備してお客様へ納車

いつごろサーキットデビューするのか楽しみです。

ブログランキングへ参加中です

ホンダ CBシリーズ

20155262123.jpgCB1最近ホンダCBの修理依頼が続いてます!!

ありがとうございますw

CB1000 Big1 SC30 と CB1300SF SC40 と CB1300SB SC54 と各時代のバリエーションも豊か

足回りのオーバーホールやチューニングなどなど様々ですが!?

インナーチューブを再メッキまた、チタンコート処理に出していますのでしばしこの状態でお預かりです

この状態だと大きな地震が心配ですw早く加工パーツが戻ってくることを祈るばかり

ブログランキングへ参加中です

 

ホンダ CB1300SF 車体計測

201544221618.jpgCBホンダ CB1300SF SC40

その昔、G.M.D 横浜店があった当時にジオメトリーチューニングされたCB1300SF

私は、昔の経緯は良く知りませんが!?

それでも、GMDの看板を掲げておりますのでお客様からのご依頼を受ければ再メンテナンスさせていただきます!

その昔のチューニング内容にも興味もありますし!?

お客様より、前後サスペンションのオーバーホールを前提に車体バランスが崩れていないか車体計測のご依頼です

とても大切にされていて綺麗なCB1300SF!足回りやエンジンに至るまで手が入れられています!

計測の結果

無論、フレームやアライメントに大きな狂いは無く歪みも修正が入るようなこともありません

それでも、日々技術や部品の性能は進歩していくわけですからお客様と打ち合わせをしながらCBが良くなる方向を探ります!

ブログランキングへ参加中です

ホンダ VT250スパーダ

2015330183510.jpgVT1

ホンダ VT250 スパーダ MC20

お客様より修理のご依頼でお預かりの!VT250 スパーダ

サーキットオンリー仕様ですので思い切ったチューニングを!と、思ったのですがw

何故か、ここから多岐にわたる修理作業となりますw しかし色々駄目そうですw

マフラーの排気漏れやガスが濃いのかまともにエンジンが吹けないw

そもそもエンジンがかからないのですがwこの先の不安がつのる

サーキットで転倒後、お客様が応急処置と汚れを落としてお持ちになられた (お気遣いありがとうございます)

なので、転倒したことによるダメージは見た目だけでは確認できません

こんな時、車体へのダメージをGMD車体計測で診断できるのは大変に便利です

 

 

2015330185039.jpgVT2その前に、前後タイヤの交換をしちゃいましょう!(前もってお客様よりご依頼頂いていました)

車体姿勢数値を診断するのに、この方がより正確なデーターを作れます

 

 

2015330185922.jpgVT3

ホンダ VT250 スパーダ MC20

車体計測後の診断

メインフレームのダメージは無く、歪みもありませんでした(良かったですね)

フロントの捩れが、過去計測した中で一番酷い歪みを起こしていますw

フロントアライメント修正で治るか不安なくらいです・・・・・・・最悪ステムの交換となります

このままでは、ステアリングとサスペンションの動きが正常に作動しません

リアも歪みが出ています(ハイサイドを起こし転倒しているダメージ)

オーナーのお客様と修正・修理箇所を打ち合わせしていくと・・・・・・・

エンジンの中以外は大体全部診ることに・・・・・・・

サーキット仕様なので少しでも安全にタイムを出せるようにしてあげたいのだが!?

まずはきちんと修理すべき物を修理する(直す)こと大事ですね。

ブログランキングへ参加中です

 

ホンダ CB400SB

2015324232441.jpgCB1ホンダ CB400SB NC39

お客様よりお預かりしメンテ中あれ!?

リアの動きがぺこんwぺこんwと・・・・・・・完全にショックが抜けてますw

 

 

201532423283.jpgCB2オイルが抜けまくってますよ!

早速、お客様へ連絡をしたのだが特に異常を感じないとw

そんな事はな・い・は・ず・・・・・・・・なのにな~

そういえばこのお客様は、 『 V TEC 』 を知らずにこのオートバイに乗っていたなぁ~

ネタにして申し訳ないけど!?

ツーリング中にこの事が発覚して、当事者のお客様含めみんなで大爆笑した記憶がw

ドンだけメカ音痴なんだろか!?

 

 

2015324233816.jpgCB3CB400SBのショックをオーバーホールしようとしているさなか外が騒がしくなり

外を見ると、常連のお客様数名でツーリングへ行き!帰りにお店によってくれたらしいです

なので記念に写真一枚・・・・・・・・・・・春分の日の出来事でした(私は仕事が詰まっていた為不参加でした)。

なんだか、ツーリングへ行きたくなる季節になりましたね!

ブログランキングへ参加中です

 

 

ホンダ CBR600RR 

2015320164624.jpgCB1ホンダ CBR600RR PC40

フロントサスペンションのチューニング依頼です

とても綺麗に乗られているCBR600RR!!カウリング類をバラスしていきます

PC37からPC40と大きなモディファイを受けているようで車体構成やサスペンションも違うようです!

現行モデルはさらに異なるのかなぁ?

 

 

2015320165556.jpgCB6002

お客様のCBR600RRは逆輸入車です

スライドメタルなども新品へ交換

 

 

2015320165920.jpgCB6003G.M.D ゴールドバルブへ交換しリバルビングします

ノーマルのCOMPバルブとシムの構成はとてもハードなセットです

路面状況のよいサーキットだけなら良いのかも知れませんが!?

乗り手の使用状況などを聞く限りツーリングからサーキットを少々ということでしたので!

しなやかにストロークするようリバルビングしました。

 

 

201532017118.jpgCB6004

完成です

納車前にお客様より足回りのセットアップについてご相談を受けていたので

前後のサスペンションのサグだしをしてからセッティングをさせて頂きました!

その後、オイル交換のご依頼も受けましたのでNUTECオイルへ交換です。

ブログランキングへ参加中です

 

ページ上部へ