ホーム>OWNERS DIARY

OWNERS DIARY

ホンダ フォルツァ Z 250

201459213611.jpgMF08ホンダ フォルツァZ 250 MF08

明日は、お客様から頼まれたフォルツァの納車です

写真のMF08は今まで所有していたもの!?

お店のツーリングにも良く参加してくれる常連さんなのだが・・・・・・・

何時もそこそこついてくる!高速道路では辛そうだが、峠道では意外と楽しそうにライディングw

そんな彼をみて何時も思うのが

フォルツァからロードバイクに替えたらいいのに

そうすれば、もっとバイクを操る楽しさを感じるはずだ!

ま~オヤジ的な発想ではある・・・・・・・・

買い替えにあたってそのことを話してみたのだが・・・・・・・・

やはりフォルツァがいいらしい!?それもフォルツァMF10とオジサンからすると 『なぜ?』

なにもかわってないじゃねぇ~か~~~~~心の叫びですw

MF08の車体からETCやドリンクホルダーを取り

MF10へそれを取り付け、フェンダーレスKITや社外ミラーなど納車整備をすすめた・・・・・・・

 

 

20145921599.jpgMF10フォルツァZ 250 MF10 

エンジンは4バルブに!またSマチックEVOに進化してるらしい

バイク屋なのに全然知らなかった・・・・・・興味が無いから仕方ないとはいえませんゴメンナサイw

納車整備後、乗ってみた!どんなバイクも納車前に乗って安全確認を・・・・・・いつもの流れです

試乗してみて一言

ヤバイ・・・・・・・・・・

楽しいかも・・・・・・・・・・

特にS7モード・・・・・・・・・・

何もしなくても7速の変速でガンガン回るエンジンは楽しい!!

スポーツバイクとは当然比較にならないが、それでもツーリングでは楽に楽しめると思った

オジサンの私にはピッタリだったりして・・・・・・・・・・あ!

オヤジ的発想を撤回しますw 

ブログランキングへ参加中です

スズキ アドレスV125

20145718229.jpgアドV125スズキ アドレスV125

フロントサスペンションのオーバーホールとリプレイススプリング交換の作業です

千葉県在住のお客様より、わざわざ距離のある足立区の私のお店でメンテナンスのご依頼です。

離れた内をご利用いただき本当にありがとうございます!!

 

 

20145718917.jpgアドV125フォークスプリングは油漢強化スプリングへ変更

オーバーホールと合わせて腰の無いスプリングとはオサラバですw

STDのスプリングと比べてかなりバネレートは硬め

後に、トップキャップボルトを締めるのが大変なくらいでした。

オイルはNUTECのスペシャルフルードでさらに粘度指数を変えて組み上げてみました

他、消耗パーツを新品へ交換し新車時のシャキッとした足回り感が出るように!

乗り始め、サスペンションの硬さを感じるでしょうが乗り進めていくと良い具合になる予想w

予想というか馴染むと印象が変わるだけですねw当たり前

話は変わりますが!

オートバイを綺麗にされている方のバイクをいじる時は

何時も整備がしやすいと感じますwなぜだろうなぁ~気分的な問題なのかなぁ!?

ブログランキングへ参加中です

カワサキ Dートラッカー

201456122149.jpgD-トラッカーカワサキ Dトラッカー 125

埼玉在住のお客様から頼まれた中古車両

お客様は、身長180cmの大柄な体格・・・・・・・・せめて250ccクラスが良かったのではw

しかし、お客様自身は程度の良いDトラッカーを見て満足そうな笑み!!

ならば良かったのかなぁ

リアサスペンションのプリロードを最強にして納車完了ですw

ブログランキングへ参加中です

カワサキ GPZ900R

2014426213726.jpgGPZ900Rカワサキ GPZ900R A8

明日、お客様企画のツーリング!!

ニンジャのオーナー様もご参加のご様子・・・・・・・修理間に合いました

良かった~

ご依頼はエンジンにバイパスされている冷却パイプからの液漏れ修理

が!ヘッドカバーからのオイル漏れのほうががひどいので追加修理

ならば、ついでに冷却周り(ホース&ゴム系)総取替えしてしまえとなり

順調にパーツも入手しいざ作業の段階に入ると・・・・・・・・

ウォーターポンプ周りのネジが折れまくるw

そして、違う場所からまたクーラント液が漏れる・・・・・・・・本当に総取替え作業になってしまった

この一週間は毎日ニンジャと格闘しツーリングへ間に合わすことだけを考えて仕事をしていましたw 

実に笑えない!!が笑うしかないか~

GPZ900Rは馴染み深いがそれだけに古い車両であるとつくづく実感

ニンジャにはノーマルマフラーが付いていたのだがバラシタついでに社外マーフラーへと変貌を

ノーマルマフラーはとっても重いことは有名な話で!

社外のフルエキに換えただけで大きな変化をもたらす

軽量になったオートバイはそれだけで走る・曲がる・止まるの性能UPにつながるからだ

多少は旧車ならではの話なのかもしれないが・・・・・・・オーナー様は何よりご満悦!

ただし!バイクの持つ性能以上の動きはしませんからねぇ・・・・・・・

それでは、気をつけてツーリングへ行ってらっしゃいw

ブログランキングへ参加中です

 

CBR250RR

2014315163845.jpgCBR250ホンダ CBR250RR MC22

お客様からのお預かり車両、前後タイヤ交換とオイル交換のお仕事です

タイヤは、ミシュランの新発売 PILOT STREET をチョイス

軽二輪で安価なラジアルタイプがなかなか無いところにミシュランが手をだした感じですかね!?

タイヤパターンはロード2そのものなので初めてなのに何処と無く安心感がもてます。

作業をしていて何時も思うのですが!

NEWタイヤに履き替えると気分がイイ・・・・・・・お洒落は足元からとは良く言ったものですw

 

 

2014315182156.jpg81+年式が古いのでオイル+添加剤を

NUTECの81プラスでエンジン内部を保護します

オイル漏れやオイル消費の多いエンジンには81プラスは結構お勧めできますよ!

また、最近の高年式車両にも内部保護の役割で考えても良いと思いますし

シール類やガスケットへのダメージが無いのも使い続けることが出来る理由の一つです

機会があればお試し下さい。

ブログランキングへ参加中です

 

 

VFR800 RC46

20143819408.jpgVFR800ホンダ VFR800 RC46 

お客様からのご依頼でオイル交換などのメンテナンスと防犯システムを組みます

当然、詳しく説明なんてしたら防犯の意味が無いのでごっそり割愛させていただきますがw

もしもの時の強いみかた!

私もそうですが!?自分のオートバイは大丈夫だろと思いつつも・・・・・・どこか不安ですからねぇ

VFR800はヨーロッパなどでは大人気車種の一つです!

日本とは少し事情の異なる海外での話しですが!?

海外へ売り飛ばされる可能性が大いにある車種なんですよ

なので、用心にこしたことはないのです。

ブログランキングへ参加中です

 

NSF100 GMD車体計測

20143713440.jpgNSF100ホンダ NSF100 GMD車体計測

ホンダのミニバイクレーサー NSF100です

基本、NSR50/80と変わらぬ車体構成です!お客様の預かり物だったNSF

お客様と共に久々に乗ってみたところ、なんだか動きが悪く曲がらない!こりゃ~変だと車体の計測をしてみる事に

結果、フロント0.3 リア0.4の歪みを発見

フロントに関していえば0.3と大きな歪みとまでは言えませんが!フロント側リア側の双方が捩れて傾きを生じる方向が問題です

このNSFで言えば、フロントは右へリアは左へ傾きリアを中心に見るとフロント0.7の歪みにつながり

ホイルベースが短く軽く小さな車体のNSFであっても、歪みから生じる車体の変化を感じます。

NSFのオーナーでもあるお客様は最初 『久しぶりに走ってまだ乗れていないのかなぁ!?』 と言っていましたが

そんな事はありませんよ!

今まで楽に走れたコーナーですらドタバタしているのがわかりましたからねぇ・・・・・・

それほど車体のバランスを崩し、転倒するごとに直していたはずのバイクは本当は直ってはいなかっただけです

人間の骨格に当たるフレームは見た目だけじゃなかなかわかりませんよねw

そんな時こそGMDの車体計測が力を発揮します!!

ブログランキングへ参加中です

 

GSX-R 750 GMD車体計測

2014228235126.jpgGSXK8計測スズキ GSX-R750 K8 GMD車体計測

お客様から依頼された計測の仕事なんですが!

車体 足回り エンジンを含めていろいろメンテが必要な状態です

計測の結果は、フレーム・足回りに大きな歪みはありませんでしたよ!良かったですねぇ

以前お客様が激しく転倒したことがあったらしくご心配のご様子

フロントステムに小さな歪み程度で何より!しっかりステムの捩れを修正しておきました。

車体計測の他に前後サスペンションのオーバーホール&チューニングとエンジン関係のメンテ

エンジン内部をNUTECのパワーアッププログラムでリフレッシュもご依頼

結構いろいろ頼まれています・・・・・ありがとうございます!

冬場のこの時期ならではかなぁ

関東は異例の大雪があったりw

気持ちよくバイクに乗れる季節の前に総メンテナンスですよ

ブログランキングに参加中です

 

西伊豆ツーリング

12月8日に西伊豆へツーリング!!

ま~寒かったです

以上でおしまい・・・・・・・・

20131213222352.jpg足柄SA1思い出せばだすだけ・・・・・・・・・あの寒さがよみがえるw

天気予報はキッチリ晴れマークだったのになぁ

早朝、お店近くのコンビニでお客様と待ち合わせ計4台

この寒さの中でも走りたい方いるんですね!?言いだしっぺの私に巻き込まれた様なお客様もいるのですが!

自分で言い出しておいて少し後悔しているのに・・・・・・・・ガンバレ

千葉から参加していただいたMさんとの待ち合わせ場所が東名の港北P

やっぱり・・・・行かなきゃ・・・・寒いけど・・・・行かなきゃいけないっしょ!

Mさんはすでに港北Pでお持ちでした!

なので、足柄SAまで5台で移動・・・・・・・走るというよりとにかく移動します!

やっぱりバイク少ないよ・・・・・

 

 

20131213223545.jpg足柄2足柄SAで、寒空の下で働くサンちゃん(めちゃイケめんばー)を見ました

寒いので何も食べる気しない・・・・・・・

そこから沼津で降りて亀石峠→西伊豆スカ→迷子が発生!!

先頭を走るⅠ君が消える・・・・・・・・マジかよ!?

寒空の下、ひたすら何も無い山の中で1時間近くヒマつぶし・・・・・・・・

オイ早く帰って来い・・・・・・・・・

目の前を走るバイク集団の中にⅠ君を発見!!

やっと発見したはずが・・・・・・・

何故か目の前をスルーしてまたはぐれるⅠ君・・・・・・・

いい加減にしないと怒るぞ!

弄ばれているようで涙がでそうです・・・・・・・

お願いだからバイクを止めて携帯を見てください・・・・・・

残されたメンバーで最初っからⅠ君はいなかった事にしようかと話がまとまるころ

やっと再会できました・・・・・・・・・俺!3回ぐらいおしっこしちゃったじゃないか~

無理やり参加させたお客様の一人が道路の側溝で凍死寸前!大丈夫か・・・・・・・オイ

そんなハプニングを乗り越えて、やっとの思いで峠を降りて温かい食事を取ることに

寒くて写真を全然撮らず文字ばかりですみません!

 

 

20131213231041.jpg伊豆スカP温かい食事をとりながらⅠ君を囲んでの反省会w

ま・・・・・・・みんな無事にかえろうねぇ

食事後、伊豆スカ目指しここからは帰りのルートでさくさく行くぞ!

帰りの首都高で初めて参加していただいたMさんと別れ(お疲れ様でした)

迷子や寒さなど色々ありましたけど最後まで楽しく走れました。

ご参加いただいた皆様ありがとう御座いましたそしてお疲れ様でした。

西伊豆は良い道だったので、暖かくなったらみんなでまた走りに行きたいですねぇ・・・・・

暖かくなったらですよ!

ブログランキングへ参加中です

 

ホンダ CB1300SB 05

ホンダ CB1300SB スパーボルドール05

ステアリングの切れ方が左右異なることでお客様より修理の依頼を受けていたホンダCB1300SB

前後サスペンションのオーバーホールも依頼されていました。

 

20131212201551.jpgCB1300フロントフロントフォークは正立タイプでカートリッジダンパーユニット式です

カートリッジ内部まで全てを分解しバルブのシム一つ一つを綺麗に清掃して組み上げていきます

とても手間のかかる作業ですが、ダンパーの性能はここが肝になるわけですから手を抜くわけにはいきません。

インナーチューブへ黄色いシールが張られている部分はメッキの腐食(ピンホール)が大きいところを示しています

再メッキ又は交換など見極めながらの作業で最終的にはお客様とご相談です。

社外のSKFシールKITを使用完成  オーバーホール工賃 ¥31,500円

 

 

2013121220352.jpgCB1300リアリアショックのオーバーホール(SHOWA純正)

こちらもツインショックを全て分解しバルブのシムを一つ一つ清掃していきます

リプレイス(社外)との大きな違いはやはり部品の精度と耐久性でしょうか!?

STDの純正ショックは何度もオーバーホールをして使い続けることを念頭においていないように思いますね

シールヘッダーの中に鉄のスペーサーが入っていたり見るからにコストを抑え耐久性を無視した部品構成です。

最悪スペーサーが錆びてメインのロッドまで傷つけたらどうするんですかねぇ!?不思議w

作業は、ロッドを磨いて(当りのキツイ部分)修正して組み込みます!

サスペンションのオーバーホールやチューニング時にNUTECのサスペンションフルードを使用することがとても肝になります

サスペンションが良い状態を長く維持できるかは、どこのオイルメーカーを使うかで大きな違いになってくるので

そして、しっかりとオーバーホールする事によって純正だからと侮れない動きにサスペンションは生まれ変わります。

リアショックオーバーホール工賃 ¥31,500円

 

 

20131212212130.jpgCB1300Fアライメント最後にフロントアライメントの作業です 

フロントアライメント工賃 ¥33,600円 (カウル類を外しての作業は別途工賃がかかります)

一番お客様が不安に感じていたステアリングの違和感がこのアライメントの修正で変わるはずです

CB1300SBのメーカーが公表しているトレール量が100をきっていたと思います。

スーパースポーツ系の車両並みにステアリングが軽く反応を示すCB

その反面、路面凹凸やタイヤの空気圧などにもシビアに反応し基の車両重量が重い分フロントにかかる負担はとてもヘビーなはず

車体計測でフロントアライメントに異常が見つかりアライメントの修正になったのですが

新車を購入し一度も転倒や立ちコケさえしていないお客様からは信じがたい事実ではないでしょうか!?

見た目にはおかしくありませんからね・・・・・・・何処も

ですが、フロントに負担の大きいCBではその小さな誤差が大きかったのかもしれません。

修正後、完成した車両の動きはとてもスムーズで! 走る!・曲がる!・止まる!の基本動作が軽くなります

実際に納車後お客様から 『ぜんぜん前と違う!ステアリングは常にニュートラル!』 と言っていただけました。

私も仕事してよかった~の一言に尽きるw

ブログランキングへ参加中です

 

ページ上部へ