ホーム>OWNERS DIARY

OWNERS DIARY

不動車を復活させる

202058183059.jpgカワサキ GPZ900R

いつもより長いお休みをいただいたゴールデンウィーク

かえって調子を崩しそうですがw

はじめって、オンライン飲み会をしてみたり!?家族全員でとても楽しい時間でしたw

皆さんはどう過ごされましたか?

それぞれ状況は異なると思いますが

結局、普段の何気ない生活はとてもありがたいことの連続であると

感じたゴールデンウィークでした

さて仕事の話を

不動になっていたGPZ900Rの車検整備です

とわ言いつつ・・・・

まずは、腐りきったキャブレターのオーバーホールから!

 

202058185336.jpg数年前にもオーバーホールしたんですがw

あまりにも乗らな過ぎてまた同じ修理を・・・・・と言いたいところですが

各部品の劣化が前回より酷いかな

フロートバルブ含め色々と今回は交換となりそうです

動いていた中で消耗する部品とは異なるのが不動車の特徴!

お客様へは、その辺をよくよく説明して作業を進めないといけませんw

 

20205818599.jpg不動GPZ900Rあるあるの症状が点火プラグの失火

もれなくこのGPZもキャップとプラグを交換となります

残念ですけど・・・・ね!

 

202058191814.jpgやっとキャブレターの同調作業w

古くなればなるほど!?

見た目以上にダメなところが増えていくものです

なので、お客様への連絡が増えていく・・・・「どこまでやりますか!?」

次回へ続きます

ブログランキングへ参加中です

 

CBリアショックOH

202052155548.jpgホンダ CB1300SB SC54

初夏のように暖かい日が続きますが・・・

不要不急を守って、外出はせずにいますw

みんなで乗り越えましょう!

CB1300 純正リアショックのオーバーホールのご依頼です

OH前にガス圧をチェック!

残念ながらガス圧0ですw

スカスカな動きだったのでわかってはいました!?

 

2020521689.jpgオイル漏れもおこしていたので・・・・

フルードの劣化も進んでいます

 

202052161036.jpgオイル漏れの原因は、古くなったオイルシールの劣化によるものが多い

ついで、ロッドについた傷から漏れることもあります

オイル漏れを起こしてからお持ちになられる車両は

だいたい、ロッドに深い傷があるので修正作業に時間がかかり

修正範囲を上回る傷の場合は再メッキとなります

ともあれ、早め早めのメンテナンスをすることが一番安全で安価ですみます

 

202052163420.jpg乗り心地に直結しているのがサスペンションです

乗り手の貴方が一番感じているはずです!

大切にメンテナンスして、セッティングしてあげれば必ず良くなります

それではまた

ブログランキング参加中です

 

サスペンションOH

2020429215524.jpgスズキ GSX-R1100

皆さん、ゴールデンウィークをどうお過ごしでしょうか?

なんだか特別になってしまった今回のゴールデンウィーク・・・・

私はいつもおざなりにしていた、仕事場の片づけや家の片づけをしてみようと思います!

いつもの日常を取り戻せた時のためにw

GSX-Rのインナーチューブが再メッキから戻ってきました

早速、アンダーブラケットと組み合わせる

 

2020429221810.jpgカートリッジ式ダンパーも分解しバルブやシムもすべてバラバラにします

傷や劣化しているパーツを交換し組み立てていく!

 

2020429222241.jpgこのGSX-Rは、お客様がほうぼう探し回ってやっと手に入れた油冷最終型

なので、メンテナンスには余念がありません

 

202042922294.jpgサンスターブレーキローター プレミアムレーシング

フローティングピンはハードアルマイトに

カスタム部品を付けるとき、お客様それぞれの個性がでます

この部品構成でこの色にしたい!?

と!

ご依頼される方がいるとおもえば、すべてお任せでという人もいるw

特に色使いは、人それぞれのスキキライがはっきりと表れる

バイク乗りは特にw

人それぞれで面白いw

 

2020429223938.jpgそんな個性も奪われてしまいそうな今ですが!?

閉塞感に押しつぶされないように!

明るい未来を創造しながら、今やれることを頑張っていきたいと思います

皆さまお体を大切に!

それではまた

ブログランキングへ参加中です

 

前も後ろもOH

2020426171555.jpgホンダ CB1300SB SC54

再メッキへだしていたリアショックのシャフトが出来あがってきたので!

早速、作業開始

 

2020426171910.jpgシャフトを元に戻す前にしっかりと洗浄し

伸びが側、減衰調整ニードルの高さを左右そろえて組み立てを

 

2020426172941.jpg清掃済みのバルブとシムも組付け、シリンダーへドッキング

リアショックの作業の次はフロントの作業!?

 

2020426174348.jpgフロントのほうがやることがいっぱいあります

お客様より、サスペンションの動きが渋く改善したいとのご相談を受け

フロントフォークのサスペンションチューニングを行うことになりました

CB1300に使用されているCOMPバルブは、オイルロックを起こしやすいタイプです

なので、チューニングをするうえでバルブの交換はとても有効となります

残念ながら、サスペンションの動きが渋かったのはバルブだけが原因ではないようです

他店でフォークスプリングの交換を行った際、粘度の硬いオイルに交換してしまった事や

リバウンドアジャスターの組付けかたを間違えたことで!?

STDより動きの渋いフォークになってしまったようです

チューニングを行い、方向修正をして・・・・

ギャップなどの吸収性や腰砕けすることなく安心できる動きにしてあります

 

202042618258.jpg今後、長く乗っていけるように・・・・

錆がではじめていたインナーチューブは新品へ交換し

ステムベアリングも打ち換えました

調子を取り戻したCBで末永く楽しんで頂けたらと思います

ありがとうございました

それではまた

ブログランキングへ参加中

 

再メッキ続く

2020424172247.jpgスズキ GSX-R1100 

サスペンションの再メッキのお仕事です

と言っても!

メッキ工場へ出すだけですけどねw

 

2020424173310.jpg倒立フォークのインナーチューブ

再メッキへ出す前にアンダーブラケットを取り外します

非分解部分ですので慎重に作業を・・・・良い子はマネしないようにw

 

2020424173728.jpg分解されたインナーチューブ

以前、他店にて再メッキ処理された跡があるので!?

きっと再々メッキになるのかなw

錆が深く広範囲な場合、再メッキできないことがあります

 

2020424174635.jpgCB1300SB SC54

リアショックのシャフトも再メッキへ一緒にだします

こちらもシャフトのみに分解作業

錆び具合に応じてメッキの下処理が違うそうです

信頼できるメッキ工場へその辺はすべてお任せして

再メッキ完成を待ちます!

3密を守りつつ仕事頑張ります

皆様も体調管理に気をつけて頑張ってください!

それではまた

ブログランキングへ参加中です

 

KTMがつづく

2020421114836.jpg今日の天気は晴れていて暖かい

それだけで、やる気がでてきます

いたって単純な性格なのかもしれません・・・・w

先が見えない状況は、誰でも不安でしかたありませんけど元気に頑張りたいと思います!

久しぶりに旋盤で!?らし~い仕事をしています

そういえば、突っ切りバイトを新調したのですが・・・・切れ味最高かw

あのヒヤヒヤとドキドキが少し解消しました

 

202042112242.jpg旋盤で何を作っていたかと言うと

車体計測をする際のポイントツールでした

一台を計測するまでに手間と時間を結構要します

得られる計測データーを精確にするために重要

 

2020421121539.jpgKTM DUKE125

うちの店では珍しい車両が2台続けて計測作業に

先日のRC8に続いてDUKEのご依頼をいただいたのですが!?

計測の結果はフレーム・足回りのアライメントに異常はありませんでした

良かったですね!

通勤に使用せれているDUKEでしたので

これで安心して乗ることができますね

それではまた

ブログランキングへ参加中です

 

ホンダ CBR250RR

2020419175023.jpgホンダ CBR250RR MC22

次はCBRのフロントサスペンションを組み立てていきます!

再メッキされたインナーチューブをしっかりと洗浄

スライドブッシュなどのインナーパーツ(消耗部品)をすべて交換

フォークオイルにはNUTECフルシンセティックを奢るw

原価の高いオイルをわざわざ使う理由は・・・・・

MOTO TRUEのただの拘りですw

お客様に良い状態を少しでも長く味わってもらいたいだけ!です!

 

202041918811.jpgホイールのベアリングも傷んでいたので交換を

古い車両は色々なとこに故障を抱えているものです

そのへん、人間と一緒かもしれませんね・・・・・

 

2020419181757.jpgCBRを預かるきっかけになった配線カプラーの故障

エンジンがかからない!?

動かなくなってはじめてバイク屋に持っていく・・・・

すると、フロントフォークからオイルが漏れてホイールベアリングまでオイルが浸透し

それが原因でベアリングのグリスが落ちてガタガタになっていると言われるw

電源の不良もレギュレーターのパンクが原因ですよとダメ押しを食らう!?

本当は、他にも修理箇所はあるけど・・・・・

もう少し早めに対処すれば修理箇所は少なくて済みますよw

お客様も分かっているとは思うけど・・・・・

 

2020419183719.jpgお客様と相談のうえ

とりあえず、ここまでを一区切りに

フロント周りはシャキッとリフレッシュできました

CBR250RR(MC22)は人気が衰えない車両です

これからも大切に末永く楽しんでください!

それではまた

ブログランキングへ参加中です

 

GSXつづき

2020417221318.jpgGSX250S カタナのつづきです

各部品を点検し洗浄をしたら新品部品と組み合わせていくのですが

しっかりと確認をしていきます

意外と使い物にならない部品が多いので(古くなってきた車両は特に)

 

2020417221712.jpg
入っていなかったロックピース

過去に分解したお店で入れ忘れたのかな!?

あっちゃならない事ですけど、たまに遭遇する案件ですw

部品の確保はバイク屋として死活問題・・・・

特にスズキは、古い車両の部品がまだまだ販売されていることが多い!?

バイク屋として、とってもありがたいw

 

2020417222430.jpgサスペンション以外にも

固着して動きの悪いブレーキ周りもオーバーホールしました

当然ながら部品はまだでますよw

でも、どんな部品でも有るわけじゃありませんけどね・・・・

どのメーカーも同じく、外装関係の部品は販売終了が多いです

 

2020417224034.jpg修理完成です

ほかにも、キャブレターのオーバーホールや電装系なども修理しました

まだまだ元気に走れそうです!

それではまた

ブログランキングに参加中です

 

2台仲良く

2020415122238.jpgスズキ GSX250S カタナ ホンダ CBR250RR MC22

2台仲良くフロントサスペンションのオーバーホール作業です

ただ、仲が良いだけではありませんw

インナーチューブの状態が似たり寄ったりで!?

再メッキ処理に出しています・・・・・

 

2020415123423.jpgフォークを分解

CBRもGSXもオーバーホールしたのは皆無なくらい汚れています

それに、本来なばついていなければならないロックピースが入っていなかったりw

フォーク内部は危機的状況!?

定期的なメンテナンスをされている物より消耗部品が増えてしまうのは仕方ない

とりあえず、再メッキと共に消耗パーツの到着を待ちます

 

2020415125151.jpgインナーチューブ再メッキの到着です

ピカピカで綺麗ですが、意外と内側は汚いので注意

バフ掛けのコンパウンドのカスなどの汚れが結構残っています

綺麗に洗浄してから組み立て作業へ

ではまた

ブログランキングへ参加中です

 

計測からの修正作業

2020413185414.jpgKTM RC8

アライメント検査のご依頼です

作業の話からは少し脱線してしまいますが・・・・

車体計測を行うことで、メインフレームの長さやキャスター角などなど

結果は数字で出てきます

なので、RC8がどれくらいスポーツ志向を意識したディメンションなのか!?

軽い車重を活かしたKTMらしいジオメトリーになっています

改めてRC8って面白い!

 

2020413194251.jpg
作業の話に戻します

計測の結果、フロントアライメントに歪を発見

修正か部品交換か迷うぐらいの大きな歪でしたが!?

頑張って修正してみます・・・・

フロント周りをごっそり切り離し修正作業を行います!

 

2020413194640.jpg
ステムの歪を修正中

そして、ステムベアリングは洗浄しハイパーグリスを充填

 

2020413195117.jpg
ステムの歪が大きかったので、時間をかけて何度か修正を行い

無事に完成です

今回、遠方からのご依頼を頂きましたありがとうございます

それではまた

ブログランキングへ参加中です

 

ページ上部へ