ホーム>OWNERS DIARY

OWNERS DIARY

NSR250R-SP MC28 リアショック

2013729222353.jpgNSRリア

ホンダ NSR250RーSP MC28 のリアショックオーバーホール写真です

本体ボディーが鉄!このあたりが如何にも純正で量産タイプと言わんばかりです

フロント同様、長年オーバーホールされることなく今に至るので分解前のガス圧はほぼゼロでした。

普段同様に全てバラバラに分解し可能な限り一つ一つ点検清掃していきます

 

2013729223716.jpgGSキャップ

別体式のタンクキャップは、ガスの再注入が出来ないので

レーステックの同径タイプのバルブ式へ交換です!

これで、いつでもガスを規定値注入することが出来るようになりますねぇ

 

201372922429.jpgNSRショック

シール類とオイルともにリフレッシュし交換を終えてオーバーホール完成です

リフレッシュしたてのこの状態をなるべく覚えていられたらよいのですが

なかなか、普段乗っていてどれくらい劣化してきたかなどわからなくなるので。

お勧めは 走行10000Km以上か2年毎がよい目安だと思います

錆びたドライブチェーンのようにわかり易くガチャガチャ音を立ててくれれば良いのですがね

ショックからそんな音が立つくらいならとても乗れたもんじゃないでしょうが angry

 

ブログランキングへ参加中

GSX-R750 K8

2013729214622.jpg

スズキ GSX-R750 K8 のお客様がご来店

750ccか!ちょっと珍しい響きさえ感じてしまう昨今ですね!

ツーリング前にブレーキパッド(後ろ)こうかんです!!

部品の注文から数日・・・・・・・最初に確認したときはギリギリセーフかと思っていたけれど

お客様が来店し作業に取り掛かっていざ取り外したら・・・・・・・・ちょっとローター削ってます

あ~間に合わなかったか~

お客様にも確認してもらいチョイ残念そうな顔が・・・・・・・・・down

お店のツーリングへ参加されるのでそれまでに急いで交換したつもりだったがちょっと間に合わなかった感が bearing

ツーリングの様子もブログに書いていきますので見てください。

ブログランキングへ参加中です

NSR250R-SP MC28 フロントサスペンション

2013729195256.jpgNSRフロント

ホンダ NSR250R-SP フロントサスペンションのオーバーホール作業

車両の購入から初めてのオーバーホールですから、中身は相当消耗していました!

最終型SP仕様の正立フロントフォークは、減衰調整がダイヤル式で簡単にセッティング変更が可能

中身の構造もこの年式の物にしてはとてもしっかりした物になっています。

 

2013729201615.jpgNSRピストンF

 

写真にある物が減衰のTEN側とCOMP側のピストン&シムで点検清掃後に組み上げた状態です

カートリッジ内のピストンまで完全に分解しシム一つ一つを点検清掃して当社ではオーバーホール作業と

位置づけお客様よりのご依頼にお答えしています。

このタイプのピストン径は大人の親指ほどの太さしかありません

小さなピストンに更に小さな穴が開きシムを重ねた部分にオイルが流れフロントフォークの上下運動に減衰効果を生み出しています。

繊細でシビアな部分を完全にオーバーホールする事により乗り手の安全とライダーの求める走りに応える!

単純にフォークシール交換やオイル交換ではオーバーホールとは言えないと思っています。

 

201372921625.jpgSKFシール

組み上げるパーツにも拘りを持って!

低フリクションで高い耐久力を持っているSKFのフォークシールを使い組み上げました

メーカー純正より多少値段が高いのでお客様に選んでいただいきます。

フォークオイルもNSRには拘ってNUTECスペシャルフルードを仕様!

スタンダードの良さを最大限引き出す仕様にこのNSRのフロントフォークを組み上げました。

 

ブログランキングに参加中です

 

 

 

ホンダ NSR250R-SP MC28 サスペンション

20137260400.jpg201372604041.jpg

 
 

 

筑波サーキットの走行会前に前後サスペンションのフルオーバーホールのご依頼

ホンダNSR250R-SP最終型です

ちょくちょくサーキットを走りにお出かけされるオーナーのMさん

これ以上のコーナーリングマシンはもう!出てこない!と思ってやまないNSR乗りのお客様の為にもがんばって作業します。

詳細は後ほどGALLERYに載せますのでご覧ください

ブログランキングへ応援のクリックお願いします

 

テスト投稿

テスト投稿

ZRX1100 フロントフォーク

2013531748.JPGzrx1100 2013531924.JPG

カワサキ ZRX1100 フロントフォークサスペンションのオーバーホール作業

リアまわりと共に足回りのオーバーホールなんですが!フロントサスペンションもかなりヘタっていました。フォークオイルもメタル(金属粉)を多く含んでいて作業のやりがいもあります!

上の写真にあるようにダンパーユニット(カートリッジ)部分の分解をしてピストン&シムまで全てバラバラ分解!小さなシムとシムの重なった部分など汚れでいっぱい( ̄▽ ̄;)なので、きちんと洗浄を・・・・・一番汚れが蓄積しやすい部分なんですよ。

手間と能力を惜しんでは、良いものに仕上がらない=お客様にオーバーホールしてよかったと思って頂きたいので妥協は出来ません<(; ^ ー^)

仕上げにNUTECのスペシャルフルードを注入しSKFのフォークシールを組み込み完成です。

ゴールデンウィークの真っ只中、無事故の安全運転で楽しいバイクライフを!!

応援のクリックをお願いします 人気ブログランキングへ

ZRX オーリンズのオーバーホール

2013427233115.JPGZRXサス

カワサキ ZRX1100 に取り付けていたオーリンズ・リアショックのオーバーホール作業です。取り付けてからかなりの年数が経過しショックフルードもかなりの量が漏れていました!

ロッドの縦傷もなんとか磨き落とせる範囲で再メッキしなくても済みそうです・・・・・お客様!良かったですね<(; ^ ー^)

NUTECのスペシャルフルードを注入し最後にシリンダー内部のエアーを抜く作業が??なかなか時間が掛かりまして・・・・・・腕と肩がつりそう!Σ( ̄□ ̄|||)

 

応援のクリックをお願いします 人気ブログランキングへ

AZリチウムイオンバッテリー

201342317826.JPGAZさすがに軽いリチウムバッテリーです1Kgを下回ってる

大きさも本来もっと小さく作れるのでしょうが!STDにあわせてのこの形に

鉛バッテリーの三分の一の重さしかありません

バッテリーとしての寿命も鉛に比べて4倍だそうです

201342317140.JPGAZ

 

 

 

 

 

 

 

 

バッテリー残量をLEDインジケーターで確認できるのでマネージメントもらくですね

唯一の弱点が、低温始動性が悪いこと。AZリチウムはその辺をかなり改善しマイナス10℃からの始動性を向上させて製品化したそうです。

鉛に比べて約1.5倍の始動性能で!お値段は!

大手国産メーカと変わらない価格帯です

当たり外れのある安物バッテリーに交換するよりもAZリチウムバッテリーの方が長い目でみて良いのでは!?

応援のクリックをお願いします

人気ブログランキングへ

ホンダ ズーマ50

201341821339.JPGズーマ納整

今日は、ホンダ ズーマ50の納車整備をしてます!木曜日は定休日なはずなんだけど・・・・・

お客様の通勤バイクなんで、仕事前に納車予定です!『日曜日でも良いですよと』言って下さったのですが、日曜日はお店のツーリングに行く予定でしてだけれども・・・・・・週末の天気予報は雨ぽいですね!?天気予報が外れるとまたまた困ってしまうので前倒しに仕事を進めておかないと。

日曜日晴れたらイイのになぁ~sun

応援のクリックをお願いします 人気ブログランキングへ

カワサキ ZX-7RR

2013417191326.JPG ZX-7RRリアMOTO TRUEの実験車両(私の所有車両)カワサキZX-7RRのリアショックオーバーホールが済んだので取り付けそしてスイングアームとリンク関係のグリスアップ完了!!

写真に出ているNUTECのマルチパーパスグリスはとっても使い勝手が良いです。塗り込むのがとっても楽チン!各ベアリングへ塗りこむのは結構大変なんですよ!ウレア系で柔らかい感触。

ZX-7RRは実験的にいろいろやっていきますのでブログに今後出しますのでお楽しみに!

応援のクリックをお願いします人気ブログランキングへ

ページ上部へ