ホーム>OWNERS DIARY

OWNERS DIARY

ホンダ CBR250RR

2020419175023.jpgホンダ CBR250RR MC22

次はCBRのフロントサスペンションを組み立てていきます!

再メッキされたインナーチューブをしっかりと洗浄

スライドブッシュなどのインナーパーツ(消耗部品)をすべて交換

フォークオイルにはNUTECフルシンセティックを奢るw

原価の高いオイルをわざわざ使う理由は・・・・・

MOTO TRUEのただの拘りですw

お客様に良い状態を少しでも長く味わってもらいたいだけ!です!

 

202041918811.jpgホイールのベアリングも傷んでいたので交換を

古い車両は色々なとこに故障を抱えているものです

そのへん、人間と一緒かもしれませんね・・・・・

 

2020419181757.jpgCBRを預かるきっかけになった配線カプラーの故障

エンジンがかからない!?

動かなくなってはじめてバイク屋に持っていく・・・・

すると、フロントフォークからオイルが漏れてホイールベアリングまでオイルが浸透し

それが原因でベアリングのグリスが落ちてガタガタになっていると言われるw

電源の不良もレギュレーターのパンクが原因ですよとダメ押しを食らう!?

本当は、他にも修理箇所はあるけど・・・・・

もう少し早めに対処すれば修理箇所は少なくて済みますよw

お客様も分かっているとは思うけど・・・・・

 

2020419183719.jpgお客様と相談のうえ

とりあえず、ここまでを一区切りに

フロント周りはシャキッとリフレッシュできました

CBR250RR(MC22)は人気が衰えない車両です

これからも大切に末永く楽しんでください!

それではまた

ブログランキングへ参加中です

 

GSXつづき

2020417221318.jpgGSX250S カタナのつづきです

各部品を点検し洗浄をしたら新品部品と組み合わせていくのですが

しっかりと確認をしていきます

意外と使い物にならない部品が多いので(古くなってきた車両は特に)

 

2020417221712.jpg
入っていなかったロックピース

過去に分解したお店で入れ忘れたのかな!?

あっちゃならない事ですけど、たまに遭遇する案件ですw

部品の確保はバイク屋として死活問題・・・・

特にスズキは、古い車両の部品がまだまだ販売されていることが多い!?

バイク屋として、とってもありがたいw

 

2020417222430.jpgサスペンション以外にも

固着して動きの悪いブレーキ周りもオーバーホールしました

当然ながら部品はまだでますよw

でも、どんな部品でも有るわけじゃありませんけどね・・・・

どのメーカーも同じく、外装関係の部品は販売終了が多いです

 

2020417224034.jpg修理完成です

ほかにも、キャブレターのオーバーホールや電装系なども修理しました

まだまだ元気に走れそうです!

それではまた

ブログランキングに参加中です

 

2台仲良く

2020415122238.jpgスズキ GSX250S カタナ ホンダ CBR250RR MC22

2台仲良くフロントサスペンションのオーバーホール作業です

ただ、仲が良いだけではありませんw

インナーチューブの状態が似たり寄ったりで!?

再メッキ処理に出しています・・・・・

 

2020415123423.jpgフォークを分解

CBRもGSXもオーバーホールしたのは皆無なくらい汚れています

それに、本来なばついていなければならないロックピースが入っていなかったりw

フォーク内部は危機的状況!?

定期的なメンテナンスをされている物より消耗部品が増えてしまうのは仕方ない

とりあえず、再メッキと共に消耗パーツの到着を待ちます

 

2020415125151.jpgインナーチューブ再メッキの到着です

ピカピカで綺麗ですが、意外と内側は汚いので注意

バフ掛けのコンパウンドのカスなどの汚れが結構残っています

綺麗に洗浄してから組み立て作業へ

ではまた

ブログランキングへ参加中です

 

計測からの修正作業

2020413185414.jpgKTM RC8

アライメント検査のご依頼です

作業の話からは少し脱線してしまいますが・・・・

車体計測を行うことで、メインフレームの長さやキャスター角などなど

結果は数字で出てきます

なので、RC8がどれくらいスポーツ志向を意識したディメンションなのか!?

軽い車重を活かしたKTMらしいジオメトリーになっています

改めてRC8って面白い!

 

2020413194251.jpg
作業の話に戻します

計測の結果、フロントアライメントに歪を発見

修正か部品交換か迷うぐらいの大きな歪でしたが!?

頑張って修正してみます・・・・

フロント周りをごっそり切り離し修正作業を行います!

 

2020413194640.jpg
ステムの歪を修正中

そして、ステムベアリングは洗浄しハイパーグリスを充填

 

2020413195117.jpg
ステムの歪が大きかったので、時間をかけて何度か修正を行い

無事に完成です

今回、遠方からのご依頼を頂きましたありがとうございます

それではまた

ブログランキングへ参加中です

 

FKSインストール作業

2020410121454.jpgOHLINS FKS カートリッジキット

大変にご無沙汰してしまったブログの更新です

いま、コロナウイルスで大変なことになっていますが・・・・

頑張って参りたいと思いますのでよろしくお願いいたします!

それでは仕事の話を

正立ダンパーロッドタイプのフロントフォークにFKSカートリッジをインストールします

 

202041012340.jpgノーマルのダンパーロッド式から比べると、部品点数は格段に増え複雑にはなります

その恩恵は!?

ダンパー性能は比べられないほど良くなり、セッティングのバリエーションも増える

なので、あなた好みのセッティングを作り出すことができる

そんな良いことづくめのカートリッジダンパーですが・・・・

 

2020410125057.jpg各オートバイメーカーはなぜ最初からカートリッジ式にしないのか!?

それは簡単な話、コストが全然違うからですね・・・・

今回オーリンズのFKSカートリッジのお値段は95,000円(税別)+専用スプリング20,500円(税別)

きっと、新品サスペンションが買えちゃうお値段だと思います

皆さんは、コストと高性能のどちらを優先させたいですか!?

それではまた

ブログランキングへ参加中です

 

サスペンションOH

202018173021.jpgホンダ CB1300SB SC54

ブログの更新がないのにもかかわらず・・・

ご覧いただき、大変にありがとうございます!

少しでも更新していきますので、本年もよろしくお願いいたします

 

202018174056.jpg

CB1300スーパーボルドールのお客様

ノーマルのサスペンション時代からオーバーホールのご依頼を頂き

大変にありがとうございます!

前回、サスペンションチューニングを施工したもの

当店のスペシャルフルードは、かなり汚れていますねw

 

202018181729.jpg

前回、チューニングした減衰のバルビングを再度リバルビングしてみました

何度もご依頼頂いているお客様へのサービスで行っていますが!?

お付き合いが長くなればこそ、どんな走り方をされどんな道を走っているのか

そんな事をイメージできるようになってきます!

なので、チューニングしたサスペンションは常に進化させなきゃダメだと思いますw

 

20201818307.jpg

オーリンズ グランドツイン

つづいてリアショックのオーバーホール作業です

バルブとシムも一つずつ点検清掃を

 

202018183457.jpgシール類を交換後、組み立てたらサスペンションブリーダーで

シリンダー内部を真空にしてフルードを充填したら完成です

最高なコンディションで楽しく安全にライディングしてください!

話は変わりますが、昨年より今だ作業場の模様替えが中途半端にw

未完成!?

作業がし辛いので早いとこやらないとw

ブログランキングへ参加中です

 

あけましておめでとうございます

202011224113.jpgブログランキングへ参加中です

セミカートリッジ

2019111520169.jpgスズキ アクロス250 フロントフォーク チューニング

久しぶりの更新です

もうすっかり11月中旬と、今年もあとわずかですね

スズキ アクロス250のフロントフォークをチューニングしていきます!

まずは、分解したパーツ類を綺麗に掃除し各部点検です

 

2019111520247.jpgそして、今回のメインであるセミカートリッジユニット

GMDセミカートリッジKITはある意味で凡用品なので!?

細かな部分をアクロスへ合うように手直し

 

20191115203220.jpgスプリングのプリロードも変更

細かな部品を製作しカートリッジKITを組み込めるように加工します

 

2019111520359.jpgこの様にセミカートリッジをフォークスプリングとダンパーロッドの間に組み込み

ダンパーロッドを通ったフォークオイルがカートリッジへ導かれ減衰を得ます

カートリッジ内部のバルブをオイルが通ることで、上質なダンパーを発生させることが可能です

今までのブレーキング時やコーナーリング中の不安定な動きから

腰のあるしなやかな動きに変わります

今回はご依頼ありがとうございました!

そして、チューニングされたフロントフォークの動きをご堪能下さい。

ブログランキングへ参加中です

 

サスペンションOH

20191013234533.jpgホンダ CB1300SF SC40

ホンダCBが続きますがw

ブログの更新ですw

定期的にサスペンションのメンテナンスへお持ちになられるCBのお客様

いつも大変にありがとうございます

今回は、車体姿勢をセッティングしなおすため計測作業も行いました

 

20191014008.jpgカートリッジ内部のバルブやシムも点検&清掃

シムを入れ換えてセットの見直しも!

消耗パーツ類を交換しフロントフォークオーバーホールの完成です

 

201910140442.jpgオーリンズ ツインショック(LegendTwin)

リアショックのオーバーホール作業です

それと、ショック長を変更するため内部のスペーサーを取除きました

スイングアームがSC40の物でないので、ショック取り付け位置が異なり

ショック本体の長さを延長し帳尻をあわすw

もう、これ以上伸びませんよw

 

2019101402354.jpg

完成

車体姿勢もバッチリですw

皆様、サスペンションのメンテナンスは2年毎ごとに(ストリート)

サーキットを走られる方は1年毎ごとをお勧めします!

ブログランキングへ参加中です

 

CBをローダウン

2019102234428.jpgホンダ CB1300SB ナイトロン ツインショック

注文していたNITRON R3タイプのショックが届きました

車体のジオメトリーを変更するため!?

ノーマルショックより短い寸法で製作してもらっています

元は、ノーマルショックに社外のローダウンリンクが着いていました

お客様とお話して、乗り心地や曲がることを考慮した車体姿勢

何より、安全で乗って楽しいオートバイにカスタムしますw

 

20191030725.jpgフロントサスペンション チューニング

フロントもローダウンさせますので!当然ながら強化するのですが

CBのカートリッジダンパーはオイルロックを起こしやすいバルブ形状

あまり、しなやかなサスペンションの動きとはいえませんw

フロントが沈む時、突き上げるようなゴツゴツ感がでやすい

なので、ストロークを有効的にしなやかに使えるようチューニングします

 

201910301715.jpgGMDのカシマバルブへ変更しバルビングを

尖った仕様変更というよりは、ギャップやアンジュレーションに対し

路面に吸い付くように、しっとりと動くサスペンションへチューニングです

 

201910302759.jpg大切なのは

お客様がオートバイをどのように走らせたいと希望しているか!?

また車高を下げた結果

ノーマルの車体姿勢の時のような軽快なハンドリングが損なわれたりw

扱いきれないようなオーバースペックな仕様にならないよう

色々お聞きした上で、車体姿勢を含めたチューニング&カスタムを行います

オンリーワンジオメトリーを目指して!!

それではまた

ブログランキングへ参加中です

 

ページ上部へ